岐路に立つロシアの徴兵制

ロシアの徴兵制について、個人的な覚書まで。ロシアが依然として徴兵制を持っていることは有名ですが、これは即応性や錬度の観点から言えば難があるシステムと言えます。志願制の軍隊と較べると、全体に占める新兵の割合が常に高く、逆に熟練した兵士は少ないためです。数百万人規模の兵力を動員して全面戦争をやる可能性があった時代ならば、そのデメリットをしのんでも徴兵制を維持するメリットはあったと思われますが、ロシア軍...