★ロシア空軍改革に関する発言まとめ

サドフィエフ空軍副司令官が空軍改革について行った発言がRIA Novostiで取り上げられておりましたところ、以下、まとめ。★新型機の導入予定について・2020年までに2000機の航空機・ヘリコプターを調達する・このうち、新規調達は1500機以上、近代化改修が約400機となる・2011年度の調達予定機種は、Su-27Sm、Su-30M2、Su-34、Su-35S、Yak-130・陸軍航空隊(空軍指揮下)に対しては、Ka-52、Mi-28N、Mi-8AMTSh(Mi-8MVT5-1)、Mi-226...