スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★2010年の露空軍調達実績とSu-30M2&Su-27SM3

モスクワ暮らしを始めてからすっかり愛読誌になってしまった航空雑誌Взлётの最新刊が手に入った(ちなみ同誌のサイトでもある程度、記事は読める)。
今月号は1-2月合併号で、特集が2010年度の民間機および軍用機生産実績。
とりあえずここでは軍用機の中の、ロシア空軍向け調達だけ抜き出して紹介しておきたい。

★2010年のロシア空軍調達

MiG-29SMT/UBM戦闘爆撃機...3機
Su-30M2戦闘爆撃機...4機
Su-34戦闘爆撃機...4機
Yak-130練習機...4機
                合計...15機

MiG-29SMT/UBMは、アルジェリアから返品されて引き取った34機のうち最後の3機。
31機はレーダーやIFFなどを再改修して就役したのだが、3機だけは間に合わなかったらしく、今年になって配備された。

一方、Su-30M2は輸出向けSu-30MK2戦闘爆撃機の露空軍向けとして導入されたもの。9月に初飛行したばかりなので、本当にすでに4機配備されているのかどうかはちょっと疑わしい(すでに実績のある機体だと言っても)。
Su-30M2は基本的に戦闘爆撃機だが、イリヤ・クラムニクの記事によるとSu-35Sの練習型とされており、筆者も今月の『軍事研究』
誌にそう書いた。
しかし、Взлётの記事によるとSu-30M2はむしろSu-27SM(Su-27の近代化改修型)とアヴィオニクスが共通化されており、両者をペアで運用する構想だという。ただし、練習機型なのか、指揮官機なのか、あるいは戦闘爆撃型として使うのかといった具体的なプランには触れていない。
さらに同記事によると、4機のSu-30Mのうち、2機は南部軍管区のクルィムスキー基地へ、2機は極東のジェムギ基地(Su-27SMが配備中)に配備された由。

ちなみに2009年度の調達は、前述した31機のMiG-29SMT/UBMを除くと、Su-34が2機(1機?)にYak-130が3機であったから、2010年の調達実績は対前年度比でかなり伸びている計算になる。


★Su-27SM3?
2011年度の調達に関してはここでは詳しく扱わないが、一点だけ特記しておくと、12機のSu-27SMの調達が始まった。
Su-27SMというのは既存のSu-27Sの近代化改修機であり、これまでは極東の2個戦闘機連隊に集中配備されてきた。しかし、今年から配備が始まるのはただのSM型ではなく、SM3と呼ばれるタイプであるようだ。配備先は前述のSu-30M2と同様、南部軍管区のクルィムスキー基地である。
Взлёт誌のWeb版限定記事によると、同基地には今月半ばに4機のSu-27SM3が配備されたという。今年中にさらに8機が納入され、12機体制となる見込み。

これまでのSu-27SMは既存機を近代化改修したものであったが、今回配備されたのは、中国向けに製作されたものの、ライセンス契約に移行したために不要になったSu-27SKの機体を流用したものであるという(たしかに写真を見るとピカピカだ)。
エンジンは通常型Su-27SMと同様のAL-31F-M1(推力13,500kg)だが、コクピットが完全グラスコクピット化されたほか、より進んだアヴィオニクスを搭載している由。
Взлётの記事はこれをSu-27SM3と呼んでおり、新型長射程ミサイル(KS-172)の発射能力を備えるという(昨年9月にNIIPティホミロフの社長にインタビューした際の情報が根拠)。

なお、Su-27SMシリーズにはSu-27SM2という案もあり、Su-35Sと同等のエンジンやアヴィオニクスを搭載するとされていたが、Su-27SM3がこれにとって代わったのか、それとも並行して改修・生産が続くのかは不明である。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。