スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★RS-24の配備状況とロシアの弾道ミサイル生産能力について

ロシア国防省の発表によると、RS-24「ヤルス」ICBMを装備するテイコヴォのロケット連隊は年内に完全編成に達する。
移動式ICBM連隊のミサイル定数は9基で、2009-2010年にかけてすでに6基が配備されているので、今年中にもう3基配備されることになる。


それにしても、あまりにも配備ペースが遅い。
RS-24のベースとなったRS-12M2「トーポリM」でさえこれまで年間6-11基程度は生産できていたことを考えると、RS-24の配備ペースはかなり低いと言える。1個連隊編成するのに3年かかっているようでは、ロシア軍首脳部が言うように、「RS-24が戦略核戦力の背骨を形成する」ようになるまでに相当の時間がかかることになるだろう。


RS-24の生産ペースの低さは、まだ配備初期段階であるからということもあろうが、より根本的な問題として考えられるのは、生産能力の限界である。
現在、ロシアには、クラスノヤルクスとヴォトキンスクの二つの弾道ミサイル工場が存在するが、前者は液体燃料型弾道ミサイルに特化しており、667BDRM型(いわゆるデルタⅣ型)原潜用の「シネーワ」潜水艦発射弾道弾(SLBM)の生産しか行っていない。
一方、後者のヴォトキンスクは固体燃料ミサイル工場で、前述のRS-12M2やRS-24に加え、「ブラワー」SLBMや「イスカンデルM」戦術弾道ミサイルの生産まで行っている。要するに、弾道ミサイル生産の負担がヴォトキンスクに過度に集中している状態と言える。
次期SLBMがマケーエフ設計局の「バルク」(液体燃料式)であれば、その分の負担をクラスノヤルスクに分散させられたはずだが、「バルク」が不透明な理由で開発中止にされ、代わって「ブラワー」の開発が決定されたためにそれもできなくなってしまった。
しかしロシアでは旧式ICBMが年間数十基という単位で退役し続けており、このままでは核戦力が縮小の一途をたどることになってしまう。


そこでロシア首脳部は最近になって、大規模な投資によってミサイル生産能力を倍増させようという方針を打ち出した。
プーチン首相によれば、今後3年間でヴォトキンスク工場を含む弾道ミサイル生産企業に150億ルーブル(約400億円)を投資し、このうちヴォトキンスク工場には17億ルーブル約46億円)が拠出されるという。
また、このような投資により、RS-24、「ブラワー」、「イスカンデルM」などの弾道ミサイルの生産を2013年以降、現在の倍に引き上げるとしている。


ただし、上の発言にはいくらか疑問も残る。
第一に、「現在の倍」というのはそもそもどのくらいの規模なのかという点だ。
2010年の調達実績をみると、弾道ミサイルの生産実績は27基となっている。
筆者が把握している範囲の機種別生産実績は、
 ・RS-24「ヤルス」×3
 ・RS-12M2「トーポリM」×6
 ・RSM-56「ブラワー」×3以上
 ・「イスカンデルM」×6ユニット(各ユニットはミサイル2基装備)
で合計24基であるから、実際は「ブラワー」か「イスカンデル」の生産数がもう少し多かったのだろう(「イスカンデル」は予備弾薬車を伴うので、常に生産数がランチャーよりも多めとなる)。
したがって、「現在の倍」というと、大体、55発くらいということになるだろうか。


第二に、これほどの増産は実際に可能なのかという問題がある。
米国のNuclear Thread Initiative (NTI) によると、ソ連時代のヴォトキンスク工場は最大で年間48基のRS-12M「トーポリ」を生産していた。さらにキャパシティの限界まで生産を行えば、「トーポリM」換算で最大80基生産可能であるとしている。
ただし、これは資金が潤沢で、熟練労働者も十分にそろっていればという話であろう。たかだか17億ルーブルの投資と、高齢化の著しい少数の労働者だけでどこまでこのような増産が可能であるのかは疑問符がつく。
スポンサーサイト

★ロシア陸軍の現況と将来 ポストニコフ総司令官発言まとめ

少し前になりますが、3月に陸軍のポストニコフ総司令官が陸軍改革の状況について色々と発言していたので、まとめてみました。

★新型旅団への転換状況と今後の装備
 ・新型旅団は重・中・軽の三種類に分類される(従来はこうした区別はなかった)
 ・2020年までにロシア陸軍は109個旅団体制となり、うち42個が新型旅団
 ・新型旅団に準じる編成の部隊は、海外基地も含めて47個(筆者註:つまり5個在外基地が新型旅団相当)
 ・重旅団には125mm砲装備で65t以下の新型戦車が配備される。また、現在のBMP(歩兵戦闘車)に相当する装甲車両も配備される
 ・中型旅団には、「ブメラーング(ブーメランの意)」と呼ばれる装甲輸送車が配備される
 ・軽旅団は「ティーグル」軽装甲機動車を装備

★新型自動指揮システムについて
 ・今年度末にも西部軍管区の第5旅団(旧タマン師団)に自動指揮システム(ASU)を配備
  (筆者註:おそらくは戦術レベル統一指揮システム(ESU=TZであろう)
 ・この種のシステムは必要なものである。西側や中国の軍隊はすでに持っているが、ロシアにとってはまだ将来のものだ

★ロシア軍兵器の後進性について
 ・ロシア陸軍の装備する兵器は、西側はおろか中国の同種の兵器とも同等とは言えない
 ・T-90はT-72の17番目の改良型である(したがって新型兵器とは言えない)
 ・T-90は1両で1億1800万ルーブルするが、その価格でドイツの「レオパルド」が3両買える
 ・現在、陸軍の装備で現代的な水準を満たしているのは12%にすぎない。2020年までにこれを70%まで引き上げる

★北極専門旅団の創設について
 ・北極での活動を専門とする旅団が創設される
 ・駐屯地はコリスキー半島のペチェンガ(筆者註:フィンランドとの国境)になる


全体として、ロシア陸軍が西側や中国に対しても近代化で立ち遅れていることを率直に認めたうえで、改革の必要性を訴えているのが印象的である。
パストニコフ司令官はこれまでにも高い頻度でメディアに露出して将来ビジョンを語っており、怖そうな顔とは裏腹に割と開明的な人物なのかもしれない。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。