★北方領土の軍事力強化計画承認と『軍事研究』6月号

以前から北方領土の軍事力強化については幾度かお伝えしてきたが、マカロフ参謀総長によれば、この度、軍事力強化に向けた計画が正式に大統領の承認を受けてスタートする運びとなった。

詳しい内容は明らかになっていないが、軍人のための社会インフラ改善や、最新装備の導入などが重点項目となるようだ。

ちなみにネットで検索してみると、第49機関銃砲兵連隊が駐屯するゴールヌィ(択捉島)はこんな有様らしく、たしかに大規模な再投資が必要であろう。

http://ovsiasha.livejournal.com/7610.html

今日、択捉島を訪問したイワノフ副首相も、あまりに北方領土のインフラが貧弱なことにショックを受けて南クリル発展プログラムを主導するようになったと語っている。


ちなみに、北方領土を含めた極東のロシアの軍事力については、今月号の『軍事研究』誌で少し詳しく書かせていただきました。
マカロフの発表前に書いたものですが、問題の前提を整理する上でそれなりに意味のある記事になったかと思っております。
軍事研究 2011年 06月号 [雑誌]

ジャパンミリタリーレビュー (2011-05-10)

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: