★ブラワーSLBMの発射試験に成功

28日、ロシアは「ブラワー」SLBMの第15回発射試験に成功した。
インターファックス通信国営のラシースカヤ・ガゼッタに上がってきている情報をまとめる限りでは、今回の発射試験の概要は以下の通りである。

・今回の発射試験は初めて955型潜水艦「ユーリィ・ドルゴルキィ」(艦長:ウラジーミル・シーリン大佐)より実施
・すべての試験科目が成功
・弾頭(複数)はカムチャッカ半島クラ演習場の予定された地域に落下した


今回の発射成功は、今後のロシアの核戦略を考える上で大きな意義を持つ。
これまでブラワーの発射試験は失敗続きであったが、昨年行われた2回の発射試験と今回の発射試験を合わせると3回連続成功したことになる。

そして、この3回の発射で使用されたミサイルはすべて完全に同一設計のものであった。
これまでは発射が失敗するたびに手直しをしていたらしいが、第13回目の発射試験以降は、まったく同じ設計のミサイルを、成功であろうと失敗であろうととりあえず3回飛ばして成功/失敗の原因を突き止めるというアプローチが採用された。
今回、この3基すべてが発射に成功したということは、現行の設計が基本的には正しいものであることが証明されたということであり、懸念されていたブラワーの実戦配備に道を開くものと言える。

今後、ブラワーの発射試験は今年中に5回実施される予定である。
この予定に従えば、今年中にあと4回は発射試験を行い、さらに信頼性を確かめたうえでブラワーと955型の配備が始まると考えられよう。配備は早ければ今年末にも始まるとされている。

補遺
ブラワーの性能に関する詳細は分からない部分が多いが、上掲のラシースカヤ・ガゼッタでは、搭載弾頭が100-150ktの核弾頭6-10個であるとしているほか、「低高度軌道」を飛行する能力があると書かれている。
米国のPGS(汎地球即時打撃)計画では通常弾頭型のICBMやSLBMを(通常の弾道ではなく)地球の丸みに沿わせて飛行させる計画だが、これと同じような能力を示しているのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: