スポンサーサイト

★『アジアの安全保障2011-2012』その他の書き物

平和安全保障研究所の年報『アジアの安全保障』最新版がリリースされました。今年もロシアの軍事の項を担当させていただいています。軍事予算、軍改革、軍事ドクトリン、人事など、ロシアの最新軍事情勢をまとめました。その他、アメリカ、中国、韓国、インド、東南アジアと、アジアの安全保障を理解する上で必須の知識がコンパクトにまとまっています。そのほかの書き物。★『丸』9月号日米の共同MD計画を中心に、グローバルMDにつ...

★JBpress 減少が止まらないロシアの戦略核戦力

Webビジネス誌JBpressでロシアの戦略核戦力についての記事を書かせていただきました。旧式核兵器が退役し続けているにも関わらず、新型核戦力の調達が思うに任せない・・・というお話はこのブログや「軍事研究」誌上で幾度か書いてきましたが、今回はミサイル生産をメーカー側と国防省の対立についても紹介しています。閲覧無料。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/15686...

★航空宇宙防衛軍の設立に向けた作業続く

7月23日、航空宇宙防衛作戦戦略コマンド(OSK-VKO)のイワノフ司令官は、防空およびミサイル防衛の統合計画について『赤い星』に語った。OSK-VKOというのはロシア空軍内部の組織で、モスクワおよびロシア西部の主要な産業地帯や重要施設約140個所の防衛を担当する組織。防空戦闘機のほか、MD能力を有する最新鋭のS-400防空システムもモスクワ周辺に配備している。したがって、その意味ではOSK-VKOはすでに防空とミサイル防衛を統合し...

★露空軍、Su-30SM戦闘爆撃機を40機調達へ?

引っ越しが済んだばかりですが、ロシア空軍がSu-30戦闘爆撃機を大量調達するかもしれないというニュースが出てきたので簡単にまとめ。イルクート社のフョードロフ社長が「イズヴェスチヤ」紙に語ったところによると、同社はロシア空軍および海軍航空隊に40機のSu-30戦闘爆撃機を納入する契約を来年にも結ぶ見込みである。このSu-30は、インド向けSu-30MKIをベースとしつつ、フランスやイスラエル製のプログラムや電子機器をすべて...

★引っ越しました

これまでエキサイトブログのほうでやっていた「くろいあめ、あかいほし」(http://brrs.exblog.jp/)を、この度、FC2ブログに引っ越しました。もともと機能面でやや不満だった上に、アクセス解析機能までなくなってしまったので。これからも以前と変わらず、ロシアの軍事・安全保障情報などを発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。可能なら、エキサイトの記事もこちらに順次移していきたいと思います。...

★最近の書き物

最近、物を書く機会が増えたので逐一宣伝するのは止めていたのですが、近頃の書き物で主だったところなど。★『軍事研究』8月号今月はロシアの武器輸出について。3年前にも一度書いたテーマですが、最新情報のアップデートと、自分で提示した分析枠組がどれだけ妥当かのセルフチェックを兼ねて。それにしても中国の兵器コピーはやり方がエグい。軍事研究 2011年 08月号 [雑誌]posted with amazlet at 11.07.08ジャパンミリタリーレビ...

★2012年度国防予算案と「将軍たちの叛乱」?

★2012-2014年の国防予算見通し今月7日、財務省は内閣に対して2012-2014年の連邦予算案を提出した。2012年度に関して言えば、財政赤字は当初の見積もりを下回る2.7%程度に抑えられたものの、教育、社会保障、イノヴェーション、連邦準備基金などの伸びは軒並み頭打ちであった。こうした中、顕著な伸びを示したのが「国防」の項目である。各年度の支出は次の通り。2012年:1兆8477億ルーブル2013年:2兆3347億ルーブル2014年:2兆752...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。