★「ブラワー」SLBM第16回目の発射試験に成功

27日、ロシア海軍は「ブラワー」潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射試験に成功した。発射は、潜航した原子力潜水艦「ユーリィ・ドルゴルキィ」からモスクワ時間の午前7時20分に行われた。今回は初めて最大射程距離で発射されたが、従来は「ブラワー」の最大射程が8000kmとされていたのに対し、「イズヴェスチヤ」の記事によると実際は9300kmも飛行したという。弾頭数や軌道によってはこの程度まで射程を出せるのだろう。不具合の...

★『軍事研究』9月号

『軍事研究』9月号に、ミサイル防衛を巡る米露関係についての記事を書かせていただきました。冷戦期のABMから東欧MD計画、さらにはオバマ政権のEPAA計画までを対象に米露の戦略を考察するとともに、ロシア側のMD計画にも触れています。ちなみに今月号は多田智彦氏のサンクトペテルブルグ海軍ショーのルポや、ロシア人研究者による「天安」事件についての投稿記事などもあって、プチロシア特集のような状態になっています(まぁ、彼...

★装備調達関連の話題まとめ(2)

先日の「装備調達関連の話題まとめ(1)」に続き、まとめ(2)です。紹介しきれなかった話題をまとめました。★艦艇関連ヴィソツキー海軍総司令官は7月29日、新型駆逐艦の建造が来年にも開始できるとの見通しを示した。これまで新型駆逐艦の建造は2016年以降とされていたので、事実ならかなり予定が早まったことになるが、やや(というかかなり)信じがたい。原文でも "может быть"(ありうる)となっているので、ヴィソツキー司...

★装備調達関連の話題まとめ(1)

先日お伝えしたように、装備品の価格があまりにも高騰している問題で、国防省は一部の軍需企業に対する装備調達費(GOZ)の執行を停止している。当初、セルジュコフ国防相は10日以内に問題の解決策を報告するとメドヴェージェフ大統領に約束していたが、7月に入ってからプーチン首相はその起源を1カ月延長した。しかし問題は構造的なものであって、その程度で解決策が出るものかどうかは疑わしい。最初は「10日」だった期限を1か月も...