★戦略ロケット軍のICBM調達数(続報)

先日のエントリで、今年のICBM調達数が合計10基になる旨をお伝えしたが、最終的にはどうも14基になるようなので補足。

カラカエフ戦略ロケット軍司令官によると、テイコヴォの戦略ロケット軍で2個目のRS-24装備連隊が発足した。
昨年、テイコヴォでは最初の連隊が2個大隊=ICBM×6基編成で発足していたが、これが今年8月に3個大隊=ICBM×9基)で完全編成に達していた。
さら今年12月には2個目の連隊に最初の1個大隊=ICBM×6基が配備され、今年中にもう1個大隊が配備されるという。
つまり、今年のRS-24の調達数は合計9基ということになる。
2009-2010年の年間配備数が3基ずつであったから、3倍になったわけだ。2009年の調達開始以来、最高のペースだ。
この連隊は来年中に完全編成(3個大隊)になり、さらにノヴォシビルスクとコゼリスクでもRS-24の配備が始まるという。

これまで新型ICBMの配備はテイコヴォとタチシェヴォ(サイロ発射型トーポリM)に限られてきたが、来年からはようやく他の基地でもICBMの近代化がはじまるようだ。しかもコゼリスクのRS-24は初のサイロ発射型だ。

その一方、タチシェヴォにはさらに3基のトーポリMが配備されて6個目の連隊を編成する。タチシェヴォでは2012年に6個目の連隊の編成を完了し、これでトーポリMの配備は完了するという。
テイコヴォには今年、すでに2基のトーポリMが配備されているので、トーポリMの配備数は合計5基ということになる。

すでに道路移動型トーポリMの配備は終了しているので、2013年以降、当面のICBM調達はRS-24に一本化される。
今後はICBM生産のリソースをRS-24に集中していく方針ということだろう。
そうなれば2012年度にはRS-24の生産はもう少し増えるかもしれない(4-5個大隊=12-15基くらい?)。

これまでロシアのICBM調達は年間11基が最高であったが、ICBMの老朽化による退役が続いているため、これをカバーするためにICBM調達数は当面、高いレベルで推移することになるだろう。
スポンサーサイト
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: