プーチンの国防論文①全般認識

去る2月20日、ロシアのプーチン首相が国営紙「ラシースカヤ・ガゼッタ」に、「強くあれ:ロシアのたしかな国家安全保障」と題した長文の論文を掲載しました。3月4日に迫った大統領選ではプーチン首相の大統領復帰が公算大と見られていますが、第二次プーチン政権の国防・安全保障政策の方向性を考える上で、この論文は重要な手掛かりになるものと思います。この論文の意義に関する解説記事は『軍事研究』誌等で書いていく予定です...