★プーチン新政権の国防トップの顔ぶれ

今月からロシアではプーチン2.0政権が成立しました。
というわけで国防トップ人事の主なところを簡単にご紹介。

★国防相 アナトリー・セルジュコフ(留任)
2007年に任命され、メドヴェージェフ政権下で軍改革を強力に推し進めた。昨年末には解任報道があったものの、蓋を開けてみると留任。ブログ「Russian Defense Policy」によると、セルジュコフの退任は本当に規定路線で、パトルシェフ安保会議書記がチェメゾフ・ロステフノロギヤ会長、ポポフキン・ロスコスモス総裁、ロゴジン副首相の三人を候補に後継人事を進めていたという。しかし前二者はプーチンのお眼鏡に適わず、ロゴジンは副首相に就任したばかりであったことから、結局セルジュコフが留任した、ということらしい。
ただし、セルジュコフは決して無能であったから解任されそうになったわけではなく、軍改革を進める過程でいろいろと軍内の恨みを買いすぎたというところであろう。と考えるなら、留任したとはいえ、遠からず後任人事の話は出てきそうである。

★参謀総長 ニコライ・マカロフ上級大将(留任)
セルジュコフと同じく解任説があったが、結局、留任した。セルジュコフとコンビを組んで軍改革を進めたが、そのせいで身内からは随分嫌われたようだ。昨年、参謀本部作戦総局長など3人の若手将軍が突然辞任したのも、マカロフの改革方針に対する不満からであると言われる。マカロフはすでに一度定年を延長しているので、やはり現在のポストにはそう長くは留まらないと思われる。昨年末の段階では、後任に内務省国内軍のロゴシュキン総司令官という話もあったようだが、これはロゴシュキンのほうで断ったようだ(本ブログ4月2日のエントリ参照)。

★陸軍総司令官 ウラジーミル・チルキン大将(新任)
前陸軍総司令官ポストニコフ大将の後任として今年4月26日に就任。56歳。偵察中隊からキャリアをスタートし、自動車化歩兵師団長、第58軍参謀長、第36軍司令官、シベリア軍管区司令官、中央軍管区司令官などを経て現職。参謀本部の勤務経験はなく、一貫して現場指揮官として歩んできた人のようだ。この辺は前任のポストニコフ司令官と似ていて、顔の怖さもそっくりである。

★空軍総司令官 ヴィクトル・ボンダレーエフ少将(新任)
今年5月6日に就任。53歳。攻撃機パイロット出身でアフガニスタン戦争に従軍したほか、第899親衛攻撃機連隊を指揮して第1次および第2次チェチェン戦争に参加した。その後、第14航空軍副司令官、同軍司令官、空軍参謀長などを経て現職。まだ若い上、まだ少将の階級で総司令官というのが凄い。

★海軍総司令官 ヴィクトル・チルコフ中将(新任)
今年5月に就任。52歳。大型対潜艦「アドミラル・スピリドノフ」艦長、大型対潜艦旅団長、バルト艦隊参謀長、同艦隊司令官などを経て現職。3人の総司令官の中で一番イケメン(個人的感想による)。前任のヴィソツキー海軍総司令官は海軍総司令部のサンクトペテルブルグへの移転に強固に反対しており、このために更迭されたらしい。この問題に対するチルコフ中将の出方は不明だが、わざわざ移転反対派を任命するとも思えず、おそらくは近いうちに移転に向けた動きが始まるのではないだろうか。


というわけで、トップは留任したものの遠からず交代の公算高し。三軍総司令官はプーチン就任前に総取替えで若返り、というのが今回の人事の主な特徴として挙げられよう。
本当は戦略ロケット軍、航空宇宙防衛軍、空挺軍の3独立兵科についても書きたかったのだが、この辺で力尽きたのでひとまず。
スポンサーサイト

★最近の書き物

★『軍事研究』6月号


今回はロシアの軍需産業について掘り下げてみました。
装備品の価格高騰を巡る国防省と軍需産業の対立や、どうやら頭打ちが迫ってきた武器輸出、そしてプーチンの軍需産業改革案などを取り上げています。

★JB Press 「ロシア軍の悩みは、装備近代化よりも住宅問題」
装備近代化問題が大きくクローズアップされるロシア軍ですが、実は軍人の住宅供給も大きな問題になっています。
その現状をリポートして見ました。
閲覧無料。

トレーニンの新著『ロシア新戦略』も販売中です。
4/15現在品切れ中ですが、間もなく再入荷予定。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: