スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★イルクーツクでヴォロネジ-M早期警戒レーダーが稼働開始

イルクーツク州のミシェレフカで「ヴォロネジ-M」レーダーが稼働を開始した。
サンクトペテルブルグ近郊のレフトゥーシ、クラスノダール州のアルマヴィル、カリニーングラードのピオネールスキーに続いて4番目となる。シベリア方面では初のヴォロネジで、中国や朝鮮半島などアジア方面を監視する。

ヴォロネジ-M


報道では、このレーダーはレフトゥーシに配備されているのと同じ「ヴォロネジ-M」とされているが、画像を見る限りアンテナ面がほぼ倍ほど広く、まったく同一でないことは明らかである。
ロシア語のWikiではこれをパワーアップ型の「ヴォロネジ-VP」と呼んでおり、筆者もそのように理解して『軍事研究』に書いてしまったのだが、少なくともVPという名称な使っていないようだ(ただ、少なくともレフトゥーシの「M」とミシェレフカの「M」は名前が同じなだけで同一でないこともたしかである)。

ちなみにこのレーダーは探知距離が最大6000km、カヴァー範囲が左右120度とされているが、今後は同じレーダーをもう1基建設し、合計240度をカヴァーできるようにするという。

上で引用した『独立軍事評論』の記事にはもうひとつ、面白いことが書いてある。
ロシアは5月23日にプレセツク宇宙基地から新型ICBMの発射実験を行っており、当初はRS-24の改良型である「アヴァンガルド」であると見られていた。
ところが、上記の記事によると、5月23日に発射したのは「ブラワー」SLBMと多くの共通点を持つミサイルであったという。
RS-24も「ブラワー」も技術的源流をたどるとどちらも「トーポリ-M」ICBMに行きつくが、「ブラワー」は潜水艦の限られたスペースに収めるために「自動車を飛行機に改造する」と言われたほど設計を徹底的に改めている。
とすると、「アヴァンガルド」はRS-24ではなく「ブラワー」をベースとしたミサイルだったのか?それとも「アヴァンガルド」とは別系統の新型ICBMが開発されているのか?
記事の真偽はまだよく分からないが、ちょっとしたミステリーとして注目しておきたい。
スポンサーサイト

★最近の空軍関連ニュース

★極東にS-400防空システム配備
6月8日、カプスティン・ヤール演習場で極東のナホトカに所在する地対空ミサイル連隊にS-400防空システムが引き渡された。
S-400は最新鋭の防空システムで、これまではモスクワ周辺に2個連隊、カリーニングラードに1個連隊のみ配備されていた。
ただ、モスクワ周辺の2個連隊を除くと新規配備連隊はどうも1個大隊(ランチャー8両)の縮小編成になっているようだ。

★新型爆撃機を巡る動向
Tu-95MSやTu-160の後継としてツポレフが開発中の「長距離航空軍向け将来型航空機コンプレクス(PAK-DA)」だが、軍需産業を担当するロゴジン副首相が開発継続に反対しているとのニュースが伝わってきている。
防空システムの発達した現在では爆撃機は時代遅れというのがロゴジンの考えのようだが、メドヴェージェフ首相は、既存の爆撃機の近代化は限界に来ており、新世代爆撃機が必要であるとの見解を示している。
ちなみに現行のTu-160は以前からNK-32エンジンの異常振動や部品不足に悩まされていたが、現在、クズネツォフがTu-160用に新型エンジンを開発中であり、2016年から国家試験に入るという。PAK-DAの登場は早くても2025年頃と予想されるので、それまではまだ頑張ってもらわないといけないということだろう。

★軍事研究7月号 и 『ロシア新戦略』重版!

★『軍事研究』7月号
今回はロシアのMDをテーマにしています。
ロシアが何故アメリカの欧州MDに反発するのか、という政治的な背景の解説とともに、では実際にロシアにはどの程度のMD能力があるのか、という点を衛星、レーダー、迎撃システムなどに分けてこってりねっとりと解説しています(本当は軍事研究の原稿は1万5000字くらいに収めないといけないんですが、書いてるうちに興奮してきて2万字近くなってしまったというw)。
4月号のロシアの戦略核についての記事と併せてお読みいただくと、ロシアの戦略抑止力についてより深くゴリ化頂けるかと思います。




★『ロシア新戦略』重版!
翻訳に参加したトレーニンの『ロシア新戦略』が御蔭さまでamazonで瞬く間に完売し、しばらく売り切れ状態になっていました。このたび、めでたく作品社さんのほうで重版が決まり、再びamazonで購入できるようになっています。未読の方は是非に。

広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。