★『軍事研究』9月号

昨日からモスクワに来ています。
日本では酷暑に喘いでいたのですが、こちらは嘘のように涼しいですね。
もちろん気温は高めなんですが、湿気が全然無いので実に快適です。
明後日はロシア空軍100周年記念式典なので、天気がよくなるよう祈っています。

ところで『軍事研究』誌の9月号が発売になりました。
今回はロシアを中心とした旧ソ連諸国の軍事同盟、集団安全保障条約機構(CSTO)について取り上げています。
手前味噌を承知で申しますと、この組織についての日本語資料としてはこれまでになくまとまったものになったと思っています。また、原稿を書いている最中にウズベキスタンが突如、CSTOへの参加を「停止」するなど(条約にはそういう規定はないんですが)、タイミング的にもいいところで出せたと思っています。
是非ご覧ください。
以下からも購入できます。



スポンサーサイト
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: