スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『機龍警察』第3巻「暗黒市場」

『機龍警察』というSF小説をご存知でしょうか。
機龍と呼ばれるパワードスーツが登場する近未来SFなのですが、やたらにリアルな警察の描写や登場人物達の彫りの深い描写等で高い評価を得ているシリーズです(押井版「パトレイバー」が好きな人はハマるかも)。
その最新作「暗黒市場」が発売されたのですが、今回はロシアが深く関わるお話ということで、このブログの管理人が考証として作品作りに参加させていただきました(あんまりお役に立ちませんでしたが・・・)。

小説のできていく過程というものに多少ながらも関わって初めて思い知ったのですが、作家って本当になんでもよく調べる人たちなのですね。
徹底的に参考文献を読み込んで世界観を作っていく作者の月村先生の姿勢には感銘を受けました。

ともあれ、今回も文句なしに面白い作品に仕上がっていますので、是非ご一読を。



スポンサーサイト

★『赤星通信」第9号 ロシア軍の装備更新進展状況と問題点

遅くなりましたが、月曜日にメルマガ「赤星通信」の第9号を配信しました。
今回は装備計画関連のいろいろです。
当ブログではサンプルとしてテイコヴォのICBM師団が装備更新を完了したという記事をお届けします。

(注:配信した記事中に誤りがあり、1個ミサイル連隊の定数を18基としていましたが正しくは9基でしたので訂正した状態で公開しております)。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


赤星通信 第9号 テイコヴォのICBM師団が装備更新を完了/装備計画予算の使い方がでたらめと指摘/連邦国防発注監督庁を軍需産業委員会の直轄へ
2012.9.24



 今回は装備計画関連の話題でお送りしたいと思います。ようやく成果が出始めたロシア軍の装備更新ですが、まだまだ前途は多難そうですね。



目次
★テイコヴォのICBM師団が装備更新を完了
★会計検査院から国防相への書簡 装備計画予算の使い方がでたらめと暴露
★連邦国防発注監督庁を軍需産業委員会の直轄へ
★編集後記



★テイコヴォのICBM師団が装備更新を完了

 9月20日、ロシア戦略ロケット軍は、テイコヴォに駐留する第54親衛ロケット師団の装備更新が完了したと発表した(http://izvestia.ru/news/535752#ixzz273vcRYmz)。
同師団はRS-12M「トーポリ」道路移動型ICBMを装備していたが、これをRS-12M2「トーポリ-M」2個連隊(各連隊はICBM×9基装備。道路移動型)とRS-24「ヤルス」2個連隊(同)とに更新した。
「トーポリ-M」と「ヤルス」はともに第5世代に分類されるICBMであり、この世代のICBMへの更新が完了したのは第54親衛ロケット師団が最初だ。
 なお、「トーポリ-M」は「トーポリ」の命中精度などを高めた単弾頭ICBMで射程は約1万1000km。一方、「ヤルス」は「トーポリ-M」をさらに改良し、しかも複数の弾頭を搭載できるようにしたタイプである。
 戦略ロケット軍は第5世代ICBMによる旧式ICBMのリプレースをさらに進める予定で、今年中にタチシェヴォの第60親衛ロケット師団をサイロ発射型の「トーポリ-M」で完全に更新する。
同師団の指揮下には6個のミサイル連隊が入っており、最終的に60基ものサイロ発射型「トーポリ-M」が配備されることになる。
 さらに戦略ロケット軍は今後、他の部隊でもICBMのリプレースを進めていく方針であり、当面はコゼリスクの第28親衛ロケット師団とノヴォシビルスクの第39親衛ロケット師団、そしてイルクーツクの第51親衛ロケット師団ですでに「ヤルス」の配備に向けた要員訓練を開始しているという(http://www.ria.ru/defense_safety/20120521/654190471.html)。
このうち、ノヴォシビルスクとイルクーツクはテイコヴォと同じ道路移動型であるが、コゼリスクについては初のサイロ発射型が配備される。

(他の記事はメルマガにご登録いただくとお読み頂けます)。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。