スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『赤星通信』第14号 北方領土駐留兵力を空から見ると・・・(1)/国防省を巡る巨額汚職事件

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第14号が配信になりました。
今回は新しい試みとして、北方領土駐留ロシア軍の状況をwikimapia(wikimapi.org)を使って空から「偵察」しみました。
とりあえず今回は、第18師団司令部周辺を取り上げてみましたが、意外にも1994年の地震で多くの施設が破壊されていたことが分かりました。
各施設の細かい状況については元軍人達がwikimapiaにコメントを投稿しており、その全訳がメルマガでご覧頂けます
(登録はこちらhttp://www.mag2.com/m/0001568270.html)。
また、先週持ち上がった国防省の巨額汚職事件で、セルジュコフ国防相の身辺にも捜査の手が及びそうな情勢にもなっており、メルマガ本文ではこの件についてもお伝えします。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤星通信 第14号 北方領土駐留兵力を空から見ると・・・(1)/「ロスオボロンセルヴィス」を巡る巨額横領事件
2012.10.28



 旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第14号をお届けします。
 ロシアが北方領土の軍備近代化の一環として、5カ所の駐屯地を2カ所に集約するというお話を以前、当メルマガでお伝えしました。
 しかし、現状で、そもそも北方領土のどこにどの程度のロシア軍が居るのか?ということは意外に知られていないと思います。
 そこで今回は、在北方領土ロシア軍の展開状況をGoogle Earthで上空から「偵察」してみたいと思います。
 また、先週末に持ち上がった軍事役務企業「ロスオボロンセルヴィス」を巡る巨額横領事件に就いてもお伝えします。



目次
★北方領土駐留兵力を空から見ると・・・(1)
★「ロスオボロンセルヴィス」を巡る巨額収賄事件
★編集後記



★北方領土駐留兵力を空から見ると・・・(1)
 現在、北方領土に展開しているロシア軍は、第18機関銃・砲兵師団(18-я пулемётно-артиллерийская дивизия)という部隊である(各部隊に通し番号として与えられている「軍事部隊ナンバー」はV/Ch05812)。
 機関銃・砲兵師団というのは聞き慣れない名称だが、二線級装備の地域防御部隊を指すロシア語の軍事用語だ。
 以前は、ロシア陸軍の23個諸兵科連合師団中、5個までがこの機関銃・砲兵師団であったが、2008年から始まった軍改革によって大部分の部隊は機動性の高い旅団(人員定数3500人)に改編された。
 しかし、北方領土の第18師団だけは改革の当初から例外であるとされ、実際、現在に至もロシア陸軍唯一の諸兵科連合師団とされている。
 これについてはいろいろな見方があるが、おそらくは地域防衛部隊である機関銃・砲兵師団という編成を維持することにより、北方領土を固守する姿勢を内外に示したかったのだろう。
 ・・・といったあたりまでは比較的、日本のメディアでも目にするところなのだが、その実態となると実はよく分からないことが多い。公開情報がほとんどない上、何か大きな動きがない限り、こんな辺境の島の部隊はまず報道されることもない。
 だが、Wikimapiaというサイト(wikimapia.org)を使用すると、報道されることのない北方領土駐留兵力のかなり細かいことまで分かる。
 衛星写真によって上空から軍事施設を俯瞰できるばかりか、コメント機能により、島の住人や元軍人達による施設の説明を読むことができるためだ。
 とりあえず今回は、第18師団の司令部があるガリャーチィ・クリューチを「偵察」してみた。
 まずは択捉島の主要軍事施設のロケーション。
http://www1.axfc.net/uploader/Img/so/152439

 ガリャーチエ・クリューチ全景。
http://www1.axfc.net/uploader/Img/so/152440

 続いて司令部周辺。
http://www1.axfc.net/uploader/Img/so/152441

 面白いのは、かなりの建物が「廃墟」になっていることだ。
 これは老朽化によるものばかりではなく、1990年代の地震によるものらしい。
 カムチャッカから北方領土にかけては地震多発地帯であり、特に1994年の北海道東方沖地震では多くの建物が被害を受けたとされている。
 当然、軍の施設も甚大な被害を受けていたようで、wikimapiaに投稿された元軍人達のコメント(それぞれの番号が、地図内のキャプションに付されたカッコ内の番号に対応)を読むとその破壊の規模が伝わってくる。

続きはメルマガにご登録頂くとお読み頂けます(http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。
スポンサーサイト

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情勢をお届けするメルマガ『赤星通信』の第13号が配信になりました。
今回はロシアの国防政策基本文書である『国防法』の改正法案について考察してみました。
そのほか、ドイツとオランダが共同開発したボクサーGTK装甲車の試験をロシア国防省が実施するとのニュースや、新型重ICBMの基礎設計が完了したニュース等をお届けします。
ブログでは国防法改正についてのニュースの前半部分を公開します。

(続きはメルマガに登録頂くとお読み頂けます)
http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。




赤星通信 第13号 改正国某法案提出/独蘭製装甲車の試験実施へ/新型重ICBMの基礎設計を完了

2012.10.22



 ロシアの軍事・安全保障情勢をお届けする『赤星通信』の第13号です。
 今回は国防法の改正に関する動きとその背景について考察するほか、新兵器関連の話題でお届け致します。



目次
★改正国某法案提出
★独蘭製装甲車の試験実施
★新型重ICBMの基礎設計を完了
★編集後記



★改正国某法案提出

 10月1日、プーチン大統領は、ロシアの国防について定めた基本法『国防法』の改正案を下院に提出した。
 提出された改正法案の原文は以下の通りである(ロシア下院公式サイトより。http://asozd2.duma.gov.ru/work/dz.nsf/ByID/6EF2EA6429D3102643257A8B002AAAB2/$File/text.pdf?OpenElement)。
 これまでにも国防法の小改正は幾度も行われてきているが、今回のそれはインパクトが大きい。
 今回の改正の最大の特徴は、第2章において「国防計画」の概念が取り入れられたことである。
 「国防計画」とは如何なる概念なのか。
 新たに挿入された文言は以下の通りである。
 
第2章 国防計画
(1)国防の領域における計画及び施策の実施のため、国防計画が策定される。これは軍事的計画に関する相互に関連する文書群を含むものである。
(2)「ロシア連邦国防計画」を含む軍事的計画文書の策定は、「ロシア連邦における軍事計画の規定」に基づいて実施される。

 要するに、「国防計画」という総合的なプランを策定し、これに合わせて具体的な軍事計画や国防政策の実施要領を定めようということのようだ。
 改正法案第2条第7項によれば、国防計画に基づいて策定される下位文書群は以下の通りである。

・ロシア連邦軍及びその他の軍事部隊の建設と発展に関する概念及び計画
・ロシア連邦軍の使用に関する計画
・ロシア連邦軍の動員計画
・ロシア連邦に対する侵略の脅威が発生した際における各種施策の実施計画(動員宣言まで)
・ロシア連邦における戦時への移行計画
・ロシア連邦の領土における国防のための対策機関に関する計画
・ロシア連邦における経済動員の主要指標

(続きはメルマガに登録頂くとお読み頂けます)
http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。

★『赤星通信』第12号

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情勢をお届けするメルマガ『赤星通信』の第12号が配信になりました。
今回はイラクへの大口武器輸出契約の話をメインにしたのですが、こちらのブログで以前教えて頂いたPAK-FAの就役予定についての誤解について開設した記事を全文公開させていただこうと思います。
ちょっと検索してみたら、2chのスレッドでもかなり誤解が広がっていたので、簡単に整理しておきます。

残りの記事についてはメルマガに登録頂くとお読み頂けます(http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤星通信 第12号 イラクの大口武器購入/シリアに防空システムを不正輸出?/論点整理:第五世代戦闘機PAK-FAの就役時期を巡って
2012.10.15



 ロシアの軍事・安全保障情勢をお届けする『赤星通信』の第12号です。
 今回はイラクへの大規模武器輸出のお話を中心にお届けします。



目次
★イラクの大口武器購入
★シリアに防空システムを不正輸出?
★論点整理:第五世代戦闘機PAK-FAの就役時期を巡って
★編集後記



★論点整理:第五世代戦闘機PAK-FAの就役時期を巡って

 ロシアが開発中の第5世代戦闘機PAK-FAの就役時期に関して、日本語メディアで若干混乱が見られるようなので簡単に整理しておく。
 現在の予定では、ロシア空軍は2016年からPAK-FAの実戦配備を開始するとしている。
 これに対して最近、「輸出用」のPAK-FAの生産を2020年から開始するという公式リリースがあり(http://www.lenta.ru/news/2012/10/10/pakfa/)、これが「ロシア空軍向けのPAK-FA配備が遅れる」と誤解されたようだ。
 上掲のリンク先をお読み頂くと分かる通り、「2020年」というのは輸出用の話であるとはっきり書いてある。
ただし、こちらのニュースを見ると(http://www.i-mash.ru/news/nov_otrasl/24092-postavshhiki-proekta-pak-fa-ne-ukladyvajutsja-v.html)、PAK-FAの構成機器に遅れが生じているとのことで、遅れが発生する可能性があること自体はたしかなようだ。
 具体的に何が遅れているのかははっきりしないが、おそらくはレーダーであろう。
 PAK-FAは5つものレーダーと赤外線捜索追尾システムを搭載し、これらの情報を統合してパイロットに表示する「センサー融合」技術を採用しているが、同じコンセプトを採用したアメリカのF-35でもセンサー間の統合には苦労したと聴く。
 後発のロシアもそうすんなりとは行くまい。
 もうひとつ、注意しなければならないのは、上述の「輸出用PAK-FA」とインド向けのFGFAは別に考える必要があるということだ。
 FGFはPAK-FA の親戚のような独自の機体であって、PAK-FAそのものではない。
 そのFGFAだが、当初の調達予定数200機に対して、144機まで調達を減らすと報じられている(http://www.indiastrategic.in/topstories1766_IAF_decides_144_fifth_generation_fighters.htm)。



(メイン記事はメルマガに登録頂くとお読み頂けます(http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。

★『軍事研究』11月号

『軍事研究』の11月号が発売になりました。
今回は9月に実施されたロシア軍の秋季大演習「カフカス2012」を取り上げています。
ハイテク化や兵站改革、アウトソーシング化、国内治安作戦への軍の投入等、ロシア軍の興味深い変化が見て取れるかと思います。


★『赤星通信』第11号 米露核戦力のデータ交換結果公表/戦略爆撃機の実稼働数

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第11号が配信になりました。
以下、メイン記事の前半部分を公開致します。
後半はメルマガにご登録頂くとお読み頂けます(登録月中無料)。




赤星通信 第11号 米露核戦力のデータ交換結果公表/戦略爆撃機の近代化改修と稼働数
2012.10.8

 『赤星通信』第11号をお届けします。今回は戦略核戦力に関する話題2題です。



目次
★米露核戦力のデータ交換結果公表
★戦略爆撃機の近代化改修と稼働数
★編集後記



★米露核戦力のデータ交換結果公表

 今月、米国務省は、9月1日時点での米露の戦略核戦力の概数を公表した(http://www.state.gov/t/avc/rls/198582.htm)。
 これは2010年に発効した新START(戦略兵器削減条約)に基づき、半年に1回行われているデータ交換の結果を簡略化して公表したものである。
 新STARTに基づくデータ交換は今回が4回目となる。
 ただ、従来のSTART-1(第1次戦略兵器削減条約)では交換データの詳細な内訳が公表されていたのに対し、新STARTでは詳細が公表されなくなった。
 代わりに、①配備状態のICBM、SLBM、戦略爆撃機の合計数、②配備状態の核弾頭の合計数、③配備状態・非配備状態のICBM、SLBM、戦略爆撃機の合計数、という実におおざっぱな数字のみが公表されている。
 今回の公表数値は以下の通りである。

   米国         ロシア
①   806          491
②  1034          884
③  1722         1499

 米国は独自に旧START並の詳細な核戦力データを公表しているのだが、ロシアはこうしたことをやっておらず、結局、ロシアの戦略核戦力に関する公式情報は上記3項目だけということになる。
 それでも、すでにロシアの核戦力が米国に対してかなり縮小してしまっていることは見て取れるだろう。
 これは老朽化によって旧式ICBMが大量に退役する一方、新型ICBMの配備が進まなかったことによるものだ。
 また、2000年代以降には「トーポリ-M」の配備がある程度は進んだものの、同ミサイルは弾頭を1個しか搭載できない(これはSTARTとの兼ね合いなのだが詳しい解説は割愛)。
 一方、退役してゆくICBMは1基で複数の弾頭(RS-20V重ICBMともなると実に10個)を搭載しているため、仮に旧式ICBMの退役分と同数の「トーポリ-M」を配備できたとしても(できなかったが)、弾頭数の減少は補えないことになる。
 だが、ごく最近になって、核戦力の減少傾向にはどうやら歯止めが掛かってきた・・・

(続きはメルマガにご登録いただくとお読み頂けます)。

★『赤星通信』第10号 CSTOを巡る動き

旧ソ連・ロシアの軍事情勢をお届けするメルマガ『赤星通信』の第10号が配信になりました。
今回はロシアを中心とする集団安全保障条約機構(CSTO)の中で、これをより実効的な軍事同盟へと深化させる動きが出てきていることをお伝えします。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤星通信 第10号 CSTO合同演習「相互作用2012」を実施/CSTOの軍事機構強化へ/シャマノフ空挺軍司令官がCSTO参謀長に
2012.10.1

 とうとう10月に入り、8月から配信を開始した『赤星通信』もどうにか10号を迎えることができました。
 今回はロシアを中心とする旧ソ連諸国の安全保障機構である集団安全保障条約機構(CSTO)関連の話題をお届けしたいと思います。
 なお、CSTOについては先般、『軍事研究』誌にて詳しく取り扱いましたので、ご興味のある方はそちらをご覧頂ければと思います(http://brrsm2.blog.fc2.com/blog-entry-56.html)。



目次
★CSTO合同演習「相互作用2012」を実施
★CSTOの軍事機構強化へ
★シャマノフ空挺軍司令官がCSTO参謀長に
★編集後記



★CSTOの軍事機構強化へ

 「相互作用2012」演習に先立つ8月、モスクワではCSTO加盟国参謀総長会議が開かれた。
 この会議の後、ボルデュージャ事務局長は、「CSTOの軍事的構成要素の発展」が話し合われたことを明らかにし、12月には具体策に関する正式の提案が出されると述べた。
 その詳細についてははっきりしないものの、承認されれば「CSTOの軍事力強化に向けた大きな飛躍の一歩」となる措置であるという。
 また、会議に参加したマカロフ参謀総長は、これをCSTO軍事機構の部分的な再編と組織的変更に関する喫緊の課題であるとしている(http://www.ria.ru/defense_safety/20120828/732236210.html)。
 さらに9月、ボルデュージャ事務局長はさらに突っ込んだ発言を行った(http://www.ria.ru/defense_safety/20120918/753295163.html)。
 発言内容は以下の通りである・・・

(続きはメルマガにご登録いただくとお読み頂けます)。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。