スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『赤星通信』第15号 速報:セルジュコフ解任

いろいろばたばたしておりまして告知が遅れましたが、先日、メルマガ『赤星通信』の第15号を配信いたしました。
今回は、第14号でお伝えしたロスオボロンセルヴィスの汚職事件に関連してついにセルジュコフ国防相が解任されたニュースについてお伝えしております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤星通信 第15号 速報:セルジュコフ国防相解任
2012.11.7



 旧ソ連の軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第15号をお届けします。
 今回は多忙につき配信が遅れてしまったのですが、なんとその間にセルジュコフ国防相が解任されるという大事件が発生しました。
 今回はこの話題について、分かっている限りの情報をまとめてお届けしたいと思います。
(北方領土駐留兵力を空から見ると・・・シリーズは次回以降に持ち越します)



目次
★速報:セルジュコフ国防相解任
★編集後記



★速報:セルジュコフ国防相解任
 モスクワ時間午前11時半(日本時間午後5時半)、国営ノーヴォスチ通信は、セルジュコフ国防相解任のニュースを伝えた。
 第一報は、プーチン大統領がセルジュコフ国防相を解任したというごく短いものだった(http://ria.ru/politics/20121106/909667683.html)。
 前回のメルマガでもお伝えした通り、先月からロシアでは国防省の巨額汚職事件が持ち上がっており、国防省高官が聴取を受ける等、国家的スキャンダルに発展していた。
 こうした中で、事件にはセルジュコフ国防相も関わっていたのではないか?近く解任されるのではないか?といった話が乱れ飛んでいたが、ここ数日はセルジュコフの動静に関する報道がほとんど見られなくなり、嵐の前の静けさのような不気味な雰囲気であった。
 そこへ来て今日の解任劇だったわけである。
 インターファックス通信がチマコワ政府報道官の談話として伝えたところによると、プーチンとメドヴェージェフはこの数日間、セルジュコフの解任について話し合いを続けていたという(http://www.interfax.ru/politics/news.asp?id=274501)。
 セルジュコフの後任には、元国家非常事態相で現モスクワ州知事のセルゲイ・ショイグが任命されたが、この人事を提案したのもメドヴェージェフであったという。

続きはメルマガにご登録頂くとお読み頂けます(http://www.mag2.com/m/0001568270.html)。
スポンサーサイト
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。