スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『赤星通信』第17号 セルジュコフ解任の余波(続編)その他

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第17号をお届けします。
セルジュコフ国防相解任後の人事や汚職事件の捜査でさらに進展があったため、この辺を中心にご紹介していきたいと思います。
とりあえず当ブログでは、最新の国防省高官人事についての部分を抜粋してご紹介します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

赤星通信 第17号 セルジュコフ国防相解任の余波(続報)/武器輸出の話題三題/東部軍管区防空部隊の訓練実績と予定

 ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第17号です。
 前回、セルジュコフ国防相解任後の状況等をお伝えしましたが、あれからさらに動きがあったため、今回はその続編です。
 その他、武器輸出関連、ロシア軍東部軍管区の訓練実績の話題等でお届けします。



目次
★セルジュコフ国防相解任の余波(続報)
★武器輸出関連の話題三題
★東部軍管区防空部隊の訓練実績と予定
★編集後記



★セルジュコフ国防相解任の余波(続報)
 先日からお伝えしている国営軍事役務企業「ロスオボロンセルヴィス」を巡る汚職事件と、これを直接のきっかけとするセルジュコフ国防相の解任は、依然として大きな余波を生んでいる。
 前回も国防省高官の顔ぶれ一覧を掲載したが、あれからさらに人事異動があったので、最新版を以下に掲載しておくことにする。

国防相:セルゲイ・ショイグ(新任)
参謀総長:ワレーリー・ゲラシモフ(新任)
第一国防次官:アルカジー・バーヒン(新任)
国防次官兼秘書長:ニコライ・パンコフ(留任)
国防次官:アナトリー・アントノフ(留任)
国防次官:ドミトリー・ブルガーコフ(留任)
国防次官:オレグ・オスタペンコ(新任)
国防次官:ルスラン・ツァリコフ(新任)
国防次官:ユーリィ・ボリソフ(新任)
国防次官:タチヤナ・シェフツォーヴァ(留任)
国防大臣官房長:ユーリィ・サドヴェンコ(新任)

 以上のように、国防相以下11人のうち、実に7人が新任である。
 このうち、先週号を発行した後に新たに任命されたのがボリソフ、ツァリコフ、サドヴェンコの3人である。
 ボリソフは政府付属軍需産業委員会(VPK)の第一副委員長だった人物で、装備計画を担当する。
 VPKというのは装備計画の立案などを目的として設置された常設の政府付属委員会であるが、長らく同委員会で権勢を振るってきたプチーリン第一副委員長(戦略ロケット軍出身)や、同委員会委員長を兼任するロゴジン副首相は装備計画を巡って度々セルジュコフと衝突してきた。
 このため、セルジュコフはVPKの人間を国防省に受け入れず、装備計画は宇宙軍出身のポポフキンやKGB出身のスホルコフなど、非VPK系の人間が担当していた。
 したがって、ボリソフの装備担当国防次官就任という今回の人事は、セルジュコフの失脚によってVPK(さらにはロゴジジン副首相)が国防省の装備行政に大きな発言権を得たことを意味している。
 続いてツァリコフとサドヴェンコであるが、両名はショイグ新国防相が長らく大臣を努めてきた国家非常事態省(MChS)の出身である。
 MChSから国防次官クラスに就任したのは、ソ連崩壊後、これが初めてであろう(ソ連時代にはMChSの前身である民間防衛部隊が国防省の一部であったため、民間防衛担当国防次官が居た)。
 特にツァリコフはMChSで第一次官を務め、ショイグがモスクワ州知事に転じると同州副知事としてついていくなど、側近中の側近と言える。
 サドヴェンコもMChSからモスクワ州へとショイグについて行った最側近で、MChS時代から一貫して官房長を務めている。
 ショイグとしては、慣れない国防相ポストに乗り込むにあたり、最も信頼できる部下を連れてきたということだろう。

(その他のパートはメルマガにご登録いただくとお読み頂けます。ご登録はこちらから
スポンサーサイト
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。