スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『赤星通信』第20号 ショイグ新国防相の記者会見

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第20号が配信になりました。
今回は新任のショイグ国防相が新たな国防政策について記者会見を行ったのでその内容をまとめています。
とはいえ、いろいろと独自路線を打ち出してはいるものの、セルジュコフ前国防相時代に敷かれた軍改革のコースを今のところはずれるものではなさそうです。
以下、一部を抜粋してご紹介します(全文はメルマガにご登録頂くとお読み頂けます。ご登録はこちらから)。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★ショイグ新国防相の記者会見:新たな国防政策は?
 12月9日、モスクワで主要閣僚による記者会見が行われ、基本的な政策方針に関する説明が行われた。
 ショイグ国防相については前任者のセルジュコフ罷免を受けて軍改革の方向性について注目が集まっていたが、今回の記者会見は初めてのまとまった方針表明となった。
 以下、会見の内容をまとめる。

(1) 将校の復帰
 今回の記者会見の目玉となったのが、セルジュコフ時代に罷免された将校を軍に復帰させる方針が示されたことである(http://ria.ru/defense_safety/20121209/914020528.html)。
 セルジュコフは軍のコンパクト化と常時即応化のために35万人の将校を15万人まで削減する方針を示していたが、軍の反発を受けて定員を7万人増の22万人とした経緯がある。
 現在の将校数は公式には明らかになっていないが、今年7月に筆者が軍事評論家のアレクサンドル・ゴーリツ(元『赤い星』記者)と面談した際には「多分、すでに22万人まで削減されていると思う」とのことであったので、とりあえずセルジュコフの示した将校削減方針はとりあえず達成されたようだ。
 また、本メルマガ第5号でお伝えしたロシア軍の内部文書では、将校数は16万100人とされている(22万人という数字とはかなりかけ離れているが、定員と実人数の差とも考えられよう)。
 だが、どんな組織でも大量リストラは反発が大きい。
 特にセルジュコフの失脚は軍からの反発によるものが大きいと考えられ、ショイグは改革を進めつつ、軍の反発も和らげねばならない立場にある。
 ショイグは最近、国家非常事態相時代に与えられた上級大将の制服を着用して公の場に登場することが多いが(ただし、ショイグ自身には軍歴はなく、今回の記者会見では背広姿であった)、これも軍に対する一種の牽制ないし「身内」としての立場をアピールする手段と見られる。
 今回の将校復帰もこうした軍への懐柔策の一環と考えられるが、具体的にどの程度の数をどのような形で復帰させるかについては明らかにされなかった。
 今後、詳細は明らかになると思われるが、その動向が注目される。

(2) 徴兵制
 前回のメルマガでお伝えした徴兵期間の延長については、今回の記者会見で正式に否定された(http://ria.ru/defense_safety/20121209/914030929.html)。
 ショイグは、プロフェッショナル化された軍の設立は主要課題であり、徴兵期間の延長は行われないと述べ、あくまでも契約軍人(志願兵)によるプロフェッショナル化(これは当初からプーチン政権の重要課題であった)を進めていく方針を示した。

(続きはメルマガにご登録頂くとお読み頂けます。ご登録はこちらから
スポンサーサイト

★『赤星通信』第19号 ロシアのグローバル偵察システム?ほか

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第19号が配信になりました。
今回はロシアがグローバル偵察システムを開発しているという噂、全ロシア陸軍中、常時即応部隊がわずか14個旅団しかないらしいというお話、そして徴兵期間の延長に関する議論の3本でお届けしました。
本ブログでは、最初のグローバル偵察システムについての記事を公開します。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


赤星通信第19号 ロシアがグローバル偵察システムを開発?/ロシア陸軍の即応体制/再燃した徴兵期間延長論
2012/12/3

 旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情報をお届けするメルマガ『赤星通信』の第19号をお届けします。
 今回は謎の新偵察システムの噂、意外と(やっぱり)低かったロシア陸軍の即応体制、そして徴兵期間延長に関する議論についてです。



目次
★ロシアがグローバル偵察システムを開発?
★ロシア陸軍の即応体制
★再燃した徴兵期間延長論
★編集後記



★ロシアがグローバル偵察システムを開発?
 『イズヴェスチヤ』紙によると、ロシア国防省は多方位偵察情報システム(MRIS)と呼ばれるグローバル偵察システムを開発中であるという(http://izvestia.ru/news/540389)。
 国防省筋によると、このシステムは数千km離れた場所から航空機や艦艇の位置を特定できるもので、現行の航空・宇宙・電波偵察手段を超える有効性を有する。
 詳しい原理は明らかでないが、艦艇・航空機・その他が発している電波(レーダー、衛星航法システム、電波高度計その他)や熱を捉えるものであるとしているので、おそらくは何らかのELINTシステムと赤外線センサーを組み合わせたものなのだろう。
 前述の国防省筋によると、すでにこのシステムは部分的に試験を開始しており、いくつかの目標を追跡したり識別できるとしている。
 事実であるとすれば、こちらから電波を出さないパッシヴな手段で超長距離から艦艇や航空機まで探知できてしまうわけだから、そのメリットは絶大だ。
 ただし、『イズヴェスチヤ』の軍事ネタはショッキングである分、割にガセが多いので、現状では話半分か4分の1程度に聴いておくべきだろう。
 以下、「国防省筋」の談話内容をまとめる。
 ・MRISを構成する一つのアンテナは数十平方メートル
 ・偵察機や偵察衛星に対しては位置を秘匿できる(どういう理屈かは言及無し)
 ・最初の試験は2009年に実施。モスクワ近郊のシステムを使用してバレンツ海の航空機や艦船を偵察し、航空機のコースを数mの精度で探知できた
 ・英国のBAE社もNAVSOPという計画名で同じような秘密プロジェクトをやっている(検索すると、BBCに簡単な解説があった。http://www.bbc.co.uk/news/technology-18633917


(その他のパートはメルマガにご登録いただくとお読み頂けます。ご登録はこちらから
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。