スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『赤星通信』第38号 ウクライナとの軍事協力関係

旧ソ連・ロシアの軍事・安全保障情勢を紹介するメルマガ『赤星通信』の第38号が配信になりました。
今回はウクライナとの軍事協力に関する話題を3題お届けしましたが、本メルマガではその中からAn-70輸送機の共同開発が中止になるかもしれないというニュースをお届けします。
(その他の記事についてはメルマガにご登録頂くとお読み頂けます。登録初月無料)


★An-70輸送機の共同開発中止?
An-70短距離離着陸輸送機
 ここ最近、ウクライナとの軍事強を巡る動きがいくつか報道に出てきた。
 第一は、An-70輸送機の共同開発を巡る動きである。
 An-70計画は対ウクライナ関係のバロメーターのような計画で、関係が悪化すれば中止され、よくなればまた再開されるということを繰り返してきた。
 最近ではユーシチェンコ政権成立後の2006年に計画が中止されたものの、ヤヌコヴィッチ政権成立後の2010年に計画が再開されていた。
 2012年にはウクライナ空軍向けの1号機も初飛行している。
(http://bmpd.livejournal.com/496686.html)
 しかし、最近、この計画が再び凍結されそうだという報道が出てきた。
(http://vpk.name/news/88076_u_an70_ispyityivayut_terpenie.html)
 リオデジャネイロの武器展示会に参加したアントノフのドミトリー・キーヴァ社長によると、昨年11月からロシア国防省は飛行試験に代表者を送り込んでおらず、このため、飛行試験は中止されているという。
 発言者が発言者であるだけに、おそらく飛行試験が停止されていることは事実と思われる。
 また、上記の「コメルサント」紙記事によると、共同開発からの撤退は新任のショイグ国防相の意向で国産のイリューシンIl-476が優先されているためであるという。
 もともとAn-70とIl-476は同規模の機体で、同じような機体を並行開発することについての批判は以前からあった。
 ただ、An-70はSTOL(短距離離着陸性能)が高いため、未整備飛行場への運用能力が極めて高いことなどを理由に開発が進められてきたが、実際はウクライナとの関係改善という政治的理由もあったのだろう。
 実は昨年12月(つまりロシアが飛行試験に代表団を送らなくなったとされる翌月)、ウクライナのアザロフ首相は、ロシアのAn-70の購入を数を「20機以上」としていた。
(http://www.ria.ru/defense_safety/20121227/916507792.html)
 従来の計画ではロシアの導入数は60機であった筈なので、この発言には「おや」と思ったのだが、このような背景があり、なんらかの軋轢が発生した可能性もある。
 さらにアザロフ首相は今月、「ロシア抜きでもAn-70の開発は続ける」などと発言しており、同問題を巡るウクライナの態度はかなり強硬だ。
 現在のところ、An-70問題についてロシア側からの公式ステートメントは出ていない。


(その他の記事についてはメルマガにご登録頂くとお読み頂けます。登録初月無料)
スポンサーサイト

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

★赤星通信第37号 CSTO合同航空部隊設立の動き

赤星通信の第37号が配信になりました。
今回は、MiG-31の生産再開がロシア議会で話題になっていることと、CSTO(集団安全保障条約機構)内に合同航空部隊を設立する動きについて紹介しています。
本ブログでは後者の記事を公開致します。
(メルマガ全文はご登録いただくとお読みいただけます。登録初月無料)



★CSTO合同航空部隊設立の動き
 アフガニスタンからの米軍撤退と中央アジア諸国への影響力強化を狙って、ロシアがCSTO(集団安全保障条約機構)の軍事的強化を図っていることは、本メルマガで幾度か触れた。
(詳しくは『軍事研究』誌2012年9月号の拙稿を参照)
 昨年12月に開催されたCSTO首脳会議では、ロシア側から、
・ CSTO合同軍の設立(雑多な合同部隊の統一)
・ 常任統一総司令官の設置(現状は各国参謀総長が持ち回りで兼任)
・ 各国への武器供与(同盟国価格)
・ ロシア軍が一部諸国の防空・航空部隊を肩代わり
 といった提案があったが、ロシア側に軍事力を握られることを嫌う国々も多く、流れていた。
 しかし、最近の報道によると、CSTO内で合同航空部隊を設立するという話がまた浮上してきたようである。
(http://ria.ru/defense_safety/20130416/932935738.html)
 CSTO副事務総長のワレーリ・セミリコフによると、合同航空部隊(KAS)設置に関する合意の原案は今年末までには作成され、各国首脳に提示される見通しであるという。
 セミリコフによると、KASは戦闘機、爆撃機、輸送機、偵察機など全ての種類の軍用機を擁し、多様な任務を遂行できる軍事力となる。
 規模や配備場所については明らかにされていないが、現在、ロシア空軍の第999航空基地が置かれているキルギスタンのカント基地を拡張するか、あるいはCSTO加盟諸国内の複数の基地に展開することになるのかもしれない。

(メルマガ全文はご登録いただくとお読みいただけます。登録初月無料)

★最近の書き物まとめ

ここ数日で書き物が何本かまとめて世に出ましたので、こちらで宣伝まで。

★『軍事研究』5月号
今回はロシアの宇宙戦力がテーマです。
宇宙大国のイメージとは裏腹に意外と貧弱な部分、それを是正しようとする動きなどについてまとめています。
最近、ロシアは中期宇宙計画を改定したばかりであり、連邦宇宙庁や宇宙産業の再編も視野に入っているので宇宙はホットな話題になりつつあります。




★JB Press
ロシアの武器輸出について書かせていただきました。
2012年は売り上げが152億ドルと過去最高水準を記録したそうです(閲覧無料)。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37556


★Yahoo!ニュース個人
先日、ロシアの戦略核戦力の記事を書いたばかりですが(http://bylines.news.yahoo.co.jp/koizumiyu/20130407-00024293/)、新たに北朝鮮の弾道ミサイル発射を巡って緊張が高まってきたということで、同問題について書くよう編集部からお題をいただきました。
狭くは専門外ですが、ご笑覧いただけましたら幸いです(閲覧無料)。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/koizumiyu/20130411-00024355/

★Yahoo!ニュース個人 「本格化するロシアの戦略核戦力再編」

先月からスタートしたYahoo!ニュース個人での私のコーナーですが、今回はロシアの戦略核戦力再編について書かせていただきました。
先般、公開された新START条約のデータ交換の結果、ついにロシアの戦略核運搬手段(ICBM、SLBM、戦略爆撃機合計)が初めて微増に転じたことが確認されました。
これはロシアの新型戦略核兵器の調達が徐々に軌道に乗り、退役する旧式核兵器を上回るペースで配備できるようになったことを意味すると考えられます(記事中でも触れましたが、新START条約下では残念ながら詳細なデータが公表されなくなり、この辺は推測に頼るほかなくなっています)。
その一方、核戦力のレベルを維持しようとすれば今後、さらなる増強に踏み切らなければならない点についても触れています。

Yahoo!ニュース個人「本格化するロシアの戦略核戦力再編」(閲覧無料)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/koizumiyu/20130407-00024293/

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

★『赤星通信』第35号 抜き打ち検閲第2弾その他

『赤星通信』の第35号が配信になりました。
今回は、前号でお伝えした抜き打ち検閲の第2弾(於南部軍管区)、南部軍管区の空軍部隊近代化比率が4割に達した件、2013年度春期徴兵についてお伝えしています。
本ブログでは抜き打ち検閲の記事のうち、前半部分を公開します。
(全文をご覧になるにはメルマガへの登録をお願い致します。お申し込みはこちら



★ロシア軍の抜き打ち検閲第2弾がスタート
 先週の本メルマガ(第34号)で、2月にロシア軍の抜き打ち検閲があったことをお伝えした。
 これは中央軍管区、南部軍管区、空挺軍、空軍軍事輸送航空コマンド、そして核兵器を管理する国防省第12総局を対象としたものであったが、3月28日には、南部軍管区の所属部隊を中心とする新たな抜き打ち検閲が実施された。
 今回の抜き打ち検閲は、アラブ首長国連邦を訪問中のプーチン大統領からショイグ国防相を通じて実施命令が出された。
 前回の命令はショイグ国防相によって出されたものだったので、今回は一段階、格が上がっている。
 抜き打ち命令は前回と同様、何の前触れも無く各部隊の当直将校に伝えられた。
 対象となったのは、南部軍管区所属の黒海艦隊の艦艇と海軍歩兵部隊、空挺軍第106空挺師団、そして特殊部隊である空挺軍第45偵察連隊といった精鋭部隊である。
 動員兵力は合計で7000人、艦艇36隻、航空機20機、装甲車両250両に及んだ。
 突如として出動命令を受けた各部隊は、前回と同様に指定された演習場まで緊急展開(今回の抜き打ち検閲では機動距離は最大で500kmに及んだ由)を行い、その場で知らされた課題に従って作戦行動の演練を行った。
 また、海軍歩兵部隊は大型揚陸艦からの上陸作戦演習、空挺軍は航空機からの空挺降下を実施した。
 今回の抜き打ち検閲にあたっては前回と同様、司令部要員にさえ事前の通告は一切無く、周辺諸国にも基本的には通告していなかったという。
 これについてアントノフ国防次官(外務省からの出向組)は、2011年のウィーン協定によって演習の規模が9000人以下の場合は通告の必要はない筈だと述べている。
 ただし、黒海艦隊が駐留するウクライナにだけは事前通報があったようだ。
 今日までに検閲参加部隊は母港・駐屯地に帰着しており、黒海艦隊部隊はプーチン大統領の視察を受けた。
 今回の抜き打ち検閲の意義であるが、前回書いたように、軍の即応体制を厳しくチェックするという政権の意思が第一に重要である。
 特に今回は南部軍管区というホットスポット(北カフカス、グルジア、さらには地中海までが担当範囲)であったことに加え、参加部隊も精鋭の緊急展開部隊揃いである。
 しかも、同軍管区内のソチではオリンピックの開催が来年に迫っており、政権としては治安維持能力をアピールする狙いがあるとの指摘がある(http://www.ria.ru/defense_safety/20130328/929785306.html)。
(後略)


(全文をご覧になるにはメルマガへの登録をお願い致します。お申し込みはこちら
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。