★ロシア軍事データベース:核戦力

ロシア軍事データベース:核戦力

(1)核兵器産業
核兵器に関連する産業は集合的に「核兵器コンプレクス(ядерный-оружейный комплекс)」と呼ばれる。
核兵器コンプレクスに数えられる企業はいずれも国営企業である「連邦単一企業(FGUP)」と位置付けられ、原子力公社「ロスアトム」の傘下に入っている。
ロスアトムの公式サイトによると、核兵器コンプレクスに含まれる企業は次の通り。

ロシア連邦核センター 全露応用物理科学実験研究所(RFIaTs VNIIEF。ニジェゴロド州サロフまたはアルザマス-16)
  核弾頭の研究開発(理論研究から施策までの全サイクルに及ぶ)
ロシア連邦核センター 全露物理技術研究所(RFIaTs VNIITF。チェリャビンスク州スニジェンスクまたはチェリャビンスク-70)
  核弾頭の研究開発。VNIIEFの負担を軽減し、競争を刺激し、生残性を高める目的で設立
「生産合同(PO)マヤーク」(チェリャビンスク州オゼルスクまたはチェリャビンスク-65)
  プルトニウム・高濃縮ウランの生産(現在は停止)、核弾頭のプルトニウム・トリチウム部品の生産
「コンビナート エレクトロヒムプリボール(電気化学機器)」(スヴェルドロフスク州レースノイまたはスヴェルドロフスク-45)
  核弾頭の量産
「プリボールストロイチェリヌィ・ザヴォード(機器生産工場)」(チェリャビンスク州トレョフゴールヌィまたはズラトウスト-36)
  核弾頭の量産

このほかにも核兵器コンプレクスに含まれる企業は数多いが、ロスアトムの公式サイトで名指しされているのは以上の企業だけである。
ソ連時代に核兵器の生産に関わっていた企業のリストとしては、SIPRI(ストックホルム国際平和研究所)年鑑2002年版のオレグ・ブハーリンの業績に詳しい。
また、パーヴェル・ポドヴィグらがまとめた Russian Strategic Nuclear Forcesは、上記のブハーリンの業績を参照しつつ、より詳しい核兵器の開発・生産・配備・管理・廃棄などのサイクルについて明らかにしている。
いずれにしても現在のロシアでは兵器級ウランの生産もプルトニウムの生産も停止されており(ジェレズノゴルスク/クラスノヤルスク-26で稼働していた最後の兵器用プルトニウム生産炉が閉鎖されたのは2010年)、上記の企業の中でもPOマヤークも実際には核兵器用分裂物質の生産はすでに行っていない(核兵器用トリチウム部品等はまだ製造中?)。
しかし、ロシアは依然としてソ連時代に生産された大量の高濃縮ウラン(HEU)とプルトニウムを保有している。
その保有量は公表されていないが、ロシアは兵器級核物質の生産を停止した後も核弾頭搭載弾道ミサイルの生産を継続・拡大しており、十分なHEUとプルトニウムの備蓄があるものと考えられる。
(一例としてこのサイトでは、2008年時点で兵器に転用可能なロシアのHEU備蓄を約600MT(metric ton)と見積もっている

核兵器コンプレクスに投じられる予算の額については、2014年度連邦予算では378億9000万ルーブル(約1200億円)となっているが、これは機密指定解除部分だけの話であり、総額は明らかで無い。
一方、ロスアトムのキリエンコ総裁は、2013年の核兵器コンプレクスの仕事量が2012年に比べて22%増加し、売上が670億ルーブル増加したと述べており(2014年1月9日付けのRIA Novosti)、機密部分も含めた政府の出資はかなりの額に上ると考えられる(ただし核兵器コンプレクスに含まれる企業は必ずしも核兵器の開発生産だけに携わっているわけではなく、民生品の開発や国際的なウラン燃料の売却なども行っているため、推定はさらに困難である)。



(2)戦略核兵器
2011年に発効した米露戦略兵器削減条約(新START条約)の定期データ交換(半年に1回。毎年3月と9月に公表)によると、2013年9月時点までのロシアの戦略核戦力の推移は次の通りである。
核戦力推移

新STARTは第一次戦略兵器削減条約(START-1)と異なり、より詳しい核戦力の内訳を公表することを義務づけていないため(政府間の詳細なデータ交換自体は行われる)、以上の中身がどうなっているかについては推測に頼るほかない。
この分野で著名なのは(1)でも言及したパーヴェル・ポドヴィグで、国連軍縮研究所から極めて詳細なロシアの戦略核戦力見積もりを出している
これは上述した新STARTの不透明の中でなんとか戦略核戦力に関する透明性を保とうとする試みであり、ICBMのサイロひとつひとつの単位で綿密な把握を行った労作である。
また、同じポドヴィグが2014年1月になってから出した最新の見積もりによると、ロシアの戦略核戦力は次の通り。

戦略爆撃機 66機(核弾頭数百発)
 Tu-95MS×55機
 Tu-160×11機
SSBN  10-11隻(作戦配備6-7隻)/SLBM×128-144基
 プロジェクト955型×2隻(作戦配備0隻):R-30ブラワーSLBM×16基
 プロジェクト667BDRM型×6隻(作戦配備5隻):R-29RM SLBM×16基(弾頭4-10個)
 プロジェクト667BDR型×3隻(作戦配備1-2隻):R-29R SLBM×16基(弾頭3個)
ICBM 311基/弾頭1078発
 R-36M2×52基(弾頭10個)
 UR-100NUTTH×40基(弾頭6個)
 RS-12Mトーポリ×108基(弾頭1個)
 RS-12M2トーポリM×78基(弾頭1個)
 RS-24ヤルス×33基(弾頭4個)

(3)戦術核兵器
coming soon
スポンサーサイト

★『機龍警察 未亡旅団』と『世界の艦船』3月号

以前、『機龍警察』シリーズ第三弾でアドバイザーのようなことをさせていただいたと書きましたが、続編『未亡旅団』でも引き続きアドバイザーをさせていただきました。
今回はチェチェンの「黒い未亡人」が登場しますが、昨年末にボルゴグラードでテロが相次ぎ、来月のソチオリンピックも狙われている、となると、妙なリアリティを持って読めそうです。




もう一点、『世界の艦船』3月号にも原稿を書かせていただきました。
今回はロシア海軍の現況だけでなく、現代の欧州海軍についても巻頭記事を書かせていただいております。



ただし、ロシア海軍の方に関しては一点お詫びさせていただきます。
記事中、プロジェクト955型SSBNの2番艦「アレクサンドル・ネフスキー」が太平洋艦隊に配備されたと書きましたが、正確には海軍に引き渡された段階であり、太平洋艦隊には慣熟訓練を経た後に配備されることになると思われます。

★最近の書き物 JB Press

JB Pressに記事を書きました。
本当は昨年末に書くはずだったのが、年末のテロ等あって遅れていたものです(閲覧無料)。

ソチオリンピック目前 頻発するテロと政府の対策

ソチオリンピックまであと1ヶ月を切っていますが、今後の展開に注目したいと思います。

★最近の書き物 『軍事研究』2月号

今月も『軍事研究』誌に記事を書いています。
今回は恒例の1年間の軍事情勢総括ですが、長くなったので2回に分けました。
前半では国防予算、装備調達、国防政策全般などについて扱っています。
それにしても今年はロシアの国防予算、ついに2兆ルーブル(約6兆円)でついに我が国を越えたんですねぇ・・・このままだと2016年には3兆ルーブル超えなんですが、どこまで突っ走る気なんでしょうか。


テーマ:国防・軍事 - ジャンル:ニュース

★新年のご挨拶と今年の目標

皆様明けましておめでとうございます・・・といっても元旦から大分経ってしまい、すっかり日常が始まっていますが、一応今年初のブログエントリーです。
昨年中はやたらにブログを書いたり忙しくなってぱったり書かなくなったりと間欠泉のような書き方をしており、そのくせにBLOGOSに参加したりと自分でも何がしたいのか今ひとつ分からないブログ運営でしたが、今年もこんな感じになろうかと思います。
あらかじめスミマセン。

とはいえ、折角1年の初めでもありますので、「1年の計」的なことを幾つか考えてみました。

★イスラムのことを勉強する
どうもこれが2014年以降、ロシアの安保を考える上での焦点になる気がしているのですが、そもそも「イスラム原理主義者」という人たちが何を目的にテロをやっているのか、よく考えると自分でも曖昧でした。
というわけで今年は少しその辺のことを勉強してみたいと思います。

★メルマガを刷新する
細々と続いている「赤星通信」ではありますが、読者数もあまり伸びず、毎週1回という発行頻度も結構負担になっていました。
もう少しテーマを幅広く取り、ゲスト執筆者にも書いて貰ったりして、代わりに発行頻度を隔週か月刊くらいにすることを考えて居ます。

★ロシア安保研究をもう少し真面目にやる
「じゃあお前今まで何やっていたんだ」と言われそうですが、昨年は全然畑の違うプロジェクトに関わっており、どうも深くロシアの軍事・安保と関われていなかったと反省しています。
少し環境を変えて、腰を据えて研究をできるようにしないと・・・(どうすればいいのかよく分かりませんが)。
それからできれば若手研究社を集めて「ロシア安保研究会」のようなことができないかなぁなどとも考えておりますので、興味がある方は是非に是非に。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: