スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★歩中(アル中)

多少のアルコール水溶液を摂取しないとどうも眠れない質で、アル中の初期症状らしいことは知っているのですが、酒も飲まずに長生きする理由がよく分からないのでやめるつもりはありません。
ただし最近はあまりに不健康な生活もどうかと思い、なるべく歩くようにし始めたのですが、これが変な快感があってすっかりはまってしまいました。
最初は毎晩4-5kmほど歩く程度だったのですが、最近は都内なら次のアポの場所までなるべく歩く等して、大体1日に10-15kmくらい歩いております(昨日は門前仲町から大手町まで3kmちょっと歩きました。暑かったけど気持ちよかった)。
最近はちょっと危ない領域に突入しており、「歩かないと落ち着かない」「どうにかして歩きたい」という領域まで足を踏み入れてしまいました。まぁランナーズ・ハイなどというものがあるくらいで、あの種の持続系の運動は中毒性があるのでしょうね。
アル中ならぬ歩中といったところでしょうか。
いつまで続くか分かりませんが、まぁ体に悪いことはないのでしょうから、なるべく継続してみたく。
スポンサーサイト
広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。