スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★最近読んだ本

★廣瀬陽子『未承認国家と覇権なき世界』
2014年は「当たり年」というか、ウクライナがご存じの通りの状態となり、中東と北アフリカもやばいわイギリスとスペインで分離独立があわやというところまで行くわと大変な状態であったわけですが、そんな中で廣瀬先生の新刊『未承認国家と覇権なき世界』(NHKブックス)が大変面白かった。
そもそも未承認国家とは何であり、どのようなときにそれは生まれ、国際社会に如何なるインパクトを及ぼすのか・・・ということを正面から扱ったかなり貴重な一冊。しかも英米圏の理論的研究を豊富に引用しつつ、廣瀬先生の専門とするアルメニア=アゼルバイジャン関係だけでなく、沿ドニエストルからパレスチナまでをフィールドとしたなかなか気合いの入った書物という印象を受けた。



★吉田一郎『世界飛び地大全』
笑っちゃいけないけど笑ってしまう一冊というのがあって、本書はまさにそうだった。
廣瀬先生の前掲書にもあるように、国家の境界というのはそう確固たるものとも限らないのだが、それが実際にどこまでグダグダかを教えてくれる。
飛び地といえば僕ならやはりカリーニングラードなんかが出てくるが、本書では大はアラスカから小は猫の額ほどの土地まで、世界にはこんなにも飛び地があったのかと驚かされるほど豊富な事例が集められている。しかも飛び地の中にまた飛び地があるなどという頭の痛くなりそうなケースもあり、「きれい、世界って本当にきれい(澄んだ目)」となる瞬間が一度はあると思う。
著者は専門の研究者ではないので「うーん、それはどうかな」と思うケースもないではないが、これだけの飛び地事例を集めた努力には敬意を表したい。


スポンサーサイト

★最近読んだ漫画

★座二郎『ラピッド・コミューター・アンダーグラウンド』
大学生の頃から現在に至るまで、地下鉄東西線にお世話になり続けてきた(途中で休止期間もあるけど)。
だから僕にとっては西船橋から乗り込む東西線は果てしなく「日常」なわけですが、そこから「じわっ」と非日常へと染み出していく漫画が座二郎『ラピッド・コミューター・アンダーグラウンド』(小学館)なのです。
なにしろこの漫画はサラリーマンの座二郎氏が毎日通勤と帰宅に使う東西線の車内で描いたというもので、漫画の舞台も大体、東西線の車内。そもそも地下鉄の中で漫画を描いているという作者の行いが非日常なのだが、さらに漫画の中の作者(というか主人公か。ややこしいな)は地下鉄で漫画を描くという行為によってより深い非日常にじわじわ踏み出していくのです。
だから「つるっ」ではなく、「じわっ」。
「なんだそれ意味わかんねえ」という方も居られましょうし、「すっごい読んでみたい」という方も居るでしょうが、実はこの漫画、webで全部読めます。

RAPID COMMUTER UNDERGROUND

絵がねえ。絵がいいんですよねえ、蒸気と闇とメカが。
現在、21話まで単行本にまとまってます。



★町田洋『惑星9の休日』
『夜とコンクリート』でファンになった町田洋氏のデビュー作集『惑星9の休日』を発見。
この世界のような、そうでないような惑星での日常。せつなくもありおかしくもあり、しかし最後の一線で帽要しているのがこの人の作品のアジだと思います。

ご連絡はこちら

あっちへふらふら、こっちへふらふらしながら仕事をしているものですから、webメールってすごく便利で、もう10年以上もYahoo!メールを使ってきました(職場に届いたメールも自動転送にしとけばいいわけですし)。
ところが一昨日の朝からハードウェアのトラブルということで一切不通。
今朝の9時には今後の見通しがリリースされるということでしたが、それもないところを見るとしばらく復旧は期待できなそうです。
さらにこの間に届いたメールは受信できていないそうなので、かなり重要な連絡が滞っている可能性も大です。

というわけで、とりあえず小泉に御用の方は以下のG-mailアドレスまでご連絡頂けますでしょうか。

nuclearblue1982@gmail.com

それから多忙につき更新の滞っていたWorld Security Intelligenceも先月末から再開しております。
ときどき覗いてみてやってください。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。