スポンサーサイト

★イリヤ/エミリヤ・カバコフ「プロジェクト宮殿」 ソ連軍人たちの描くデストピア

千葉県民なんですが多くの北西部住民と同様、だいたい東京と自宅とを行き来する生活をしていて、房総側の千葉県というのはほとんど視野に入ってこないのであります。それでも旅行好きの妻氏に引っ張られてたまに房総方面へドライブに行くわけですが、昨年、館山の山中に「grass-B」というハーブカフェを発見してからドライブコースに必ず組入れるようになりました。いやこれがほんとに言われなきゃ絶対気づかないような場所にある...

ヒトラーは総武線快速に乗る

どういうわけだかヒトラーが現代に蘇ってしまい、本人は大真面目にヒトラーやってるのに現代ドイツで大人気を博してしまう。それも最初はコメディアンだと思われていたのに、段々ガチになっていってヤバい、マジヤバい、というティムール・ヴェルメシュの小説「帰ってきたヒトラー」はドイツ語の原作が出た頃から注目していた(読めるとは言ってない)。世界的大ヒットとなった同作は日本語版も2014年に出ているが、注目している割に...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。