★最近の書き物 『軍事研究』7月号

今回の『軍事研究』7月号ではウクライナ危機がらみで、旧ソ連の未承認国家「沿ドニエストル共和国」を巡る地政学について書いてみました。
このような分離独立国家ができる経緯、ウクライナとの密接な関係、ロシアの思惑、軍事力の現況などについてまとめています。
多分、沿ドニエストルの軍事力については今のところ日本語で最も詳しい資料だと思います(ドヤァァァァァァ・・・)ので、よろしければ手に取ってみてください。




ちなみに今回の『軍事研究』には元防衛研究所の三井光夫先生による、ロシア軍のウクライナ侵攻シミュレーションが載っており、大変読み応えがありました。
ウクライナ危機以降、この手の読み物はたくさん出てきましたが、ロシア軍研究を専門とするプロの軍人が書いたものは日本語ではこれだけでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: