★最近の書き物 ウクライナ東部情勢についてYahoo!ニュース個人二題

ウクライナ東部に戦車が現れたり、ウクライナ空軍機がバカスカ撃墜されたりと、東部情勢がまたかなりきな臭くなってきたので、関連するお題で記事を2本書きました。
とりえあず、ウクライナ東部に現れた戦車の正体は何じゃいな、という記事(多分、ロシアが保管していたT-64BVを送り込んだっぽい、というのが結論)。

★「ウクライナへのロシア軍戦車侵入」は本当か(Yahoo!ニュース個人、6月13日)

続いて昨日配信した記事ですが、ロシアからウクライナへの軍事援助全体やウクライナの反応について書いた記事がこちら。

★ウクライナで何が起こっているのか:戦車、人間の盾、「コロモイスキーの壁」

ロシアからはかなりの武器と人間が入り込んでおり、これに対してウクライナのオリガルヒであるコロモイスキーが1900kmに渡って「壁」を建設するようポロシェンコ大統領に提案しているという話を取り上げています。
しかし、この「壁」で隔離するという発想、ゲットーとかベルリンの壁とか、ガザの隔離壁とか、どうも西洋人の禍々しいところが詰まっているようで不気味な気がします(でも万里の長城なんかを考えると、東西を問わず、大陸においては割と思いつきやすい発想であるのかもしれず)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: