★自薦文 『プーチンの国家戦略』(東京堂出版)

拙著『プーチンの国家戦略』(東京堂出版)が本日発売となりました。
春に『軍事大国ロシア』(作品社)を上梓させていただいたばかりですが、今回は一味違います。

まず、厚さが違う。
『軍事大国ロシア』(3.5cm厚)が鈍器や漬物石として好評をいただいたのに対し、『プーチンの国家戦略』(2.2cm厚)は鍋敷きにぴったり。336ページの厚みで土鍋にも十分耐えます。鍋物が増えるこれからの季節、一家団欒のためにどうでしょうか。

鈍器としての性能も『軍事大国ロシア』にはやや劣るものの、遡上してきた鮭くらいなら十分。〆た後は調理の焚き付けにも使えます。

敷いて良し、殴って良し、燃やして良し。
中身に印刷してあるなんかよくわからない文字列もオシャレ。
是非お買い求めください。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: