スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼎談『大国の暴走」が出ます

7月24日にこんな本が出ます。
『大国の暴走』(講談社)


東京財団のアメリカ専門家である渡邉恒雄先生、講談社の中国専門家である近藤大介氏と昨年末から都合3回行った鼎談をまとめたものです。
米中露を見ている人が一堂に会してトランプ政権成立前後の世界について論じる企画、というのもなかなか面白かったですが、鼎談を行った半年間に現実の世界がどんどん急転直下に変化してくのも一鼎談者としては大変興味深いところでありました。
最初の鼎談では「米露蜜月が来るか?」というトーンだったのが、次の時は「なんか違うぞ」となっていたり。

それから改めて思ったのは、中国とロシアってやっぱり似ているなという点。
きわめて巨大で、多様であり、それゆえに内部に深刻な懸念や不安定性を抱えていて、ときに外部より内部の論理が優先される、というふうにまとめられるでしょうか。だからこそ権威主義的体制が必要であると思っており、この点では中露は安心できる関係なんでしょう。
さすがに中国の公安予算が国防費よりも多いという話には驚かされましたが(ロシアは一時期公安予算が大きく伸びたが最近は頭打ちになり、国防費には大きく水をあけられている)。

あと鼎談なので、結構いろいろと口が滑っています。
にわか文明論のようなことを口走っていたりとか憲法が云々とか割と後で見返すと恥ずかしいのですが、しかしまぁ、論文集や往復書簡ではなく鼎談という形式が選ばれたのは多少口を滑らせてやろうという意図に基づくものと思い、大体そのままとしました。

そういうところも含めてご笑覧いただけましたら幸いです。





関連記事
スポンサーサイト
Category: 雑記
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。