「徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!」が出ます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!」が出ます

新しい本が出ることになりまして、「徹底抗戦都市モスクワ 戦い続ける街を行く!」といいいます。
もとは僕の出身地千葉県松戸市をそう言ってたんですが、言われてみればモスクワこそまさに徹底抗戦都市ではないか、ということで始まった企画。みんな大好きモスクワ地下の秘密疎開施設とか秘密地下鉄「メトロ-2」なんかについてディープに掘り下げつつモスクワ周辺の軍事観光スポットも懇切丁寧にご紹介してしまうというあれですよ。
しかも今回は表紙&漫画を速水螺旋人先生、ルポ漫画を名城犬郎先生という二大ぽっちゃり戦車おじさんが担当してくださるという豪華なことにもなっております。
アマゾンではまだ書影が出ていないようですのでこちらでちらり。

カバー 
スマホの画面が何故ヤンデックスなのかは本書にて。

関連記事
スポンサーサイト
Category: 雑記
  • Comment: 4
  • Trackback: 0

- 4 Comments

ビクター  

No title

本日(4/6)、横浜駅西口(ダイヤモンド地下街)にある有隣堂に平積みされているのを発見しましたので、1冊購入しました。

これから読みたいと思います。

2018/04/06 (Fri) 20:25 | EDIT | REPLY |   

イズムィコ  

No title

ビクター様

ありがとうございます。横浜駅は毎日通過するので、有隣堂覗いてみなくてはですね。

2018/04/08 (Sun) 14:03 | REPLY |   

ビクター  

「徹底抗戦都市モスクワ戦い続ける街を行く!」を読みました。

地下鉄を含めたモスクワの地下空間はちょっと秘密めいていて読んでいてワクワクしました。

ゲストコラムの「モスクワの治安機関」でちょっと思ったのですが、以前モスクワで民警に車を止められた場合、違反をして止められる事よりお金(賄賂)を要求される事の方が多かったという話を聞いた事があります。民警から警察に改められた時に腐敗防止のため警官の給料を上げる等の警官の地位向上を含めて改革を行ったと思うのですが、現在、その効果は表れているのでしょうか。ちょっと気になっています。

全く如何でも良い話なのですが、次のブログの「5億年ぶり」というタイトルを見て、知人に教えて貰った「5億年ボタン」というホラーコミック(?)を思い出しました(笑)。

2018/05/01 (Tue) 09:26 | EDIT | REPLY |   

イズムィコ  

ビクター様

僕も2010年くらいに一度車を停められて賄賂を要求されたことがあります。
最近はどうだが体感的にはわからないのですが、以前に比べると大都市部の警官はずいぶんマシになっているのではないでしょうか。
「5億年ボタン」、僕も昔ネットで読みました。
最後に何十連打もしちゃうやつですよね。

2018/05/01 (Tue) 14:50 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。