スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★「ブラワー」SLBM第16回目の発射試験に成功

27日、ロシア海軍は「ブラワー」潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射試験に成功した。
発射は、潜航した原子力潜水艦「ユーリィ・ドルゴルキィ」からモスクワ時間の午前7時20分に行われた。今回は初めて最大射程距離で発射されたが、従来は「ブラワー」の最大射程が8000kmとされていたのに対し、「イズヴェスチヤ」の記事によると実際は9300kmも飛行したという。弾頭数や軌道によってはこの程度まで射程を出せるのだろう。

不具合の続いていた「ブラワー」だが、昨年から今年6月にかけての3回の連続発射に成功しており、今回は連続4回目の成功ということになる。
ひとまずは不具合の特定に成功し、ようやく実戦配備に道筋がつき始めた段階に入ったと見なせよう。
特に最大射程での発射を行ったことは、前3回に比べてより踏み込んだ試験が行われていることをうかがわせる。
なお、実戦配備までにはあと5-6回は発射に成功する必要があるとされている。
特に実戦能力を実証するためには、どこかで一斉発射(サルヴォー)試験を行う必要が出てくるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あと5~6回の試射という事は来年後半ぐらいまでには実験が終了するようですね。

JB PRESSの記事を読ませていただきました。
技術者の育成や生産設備などの問題は時間とお金をかければ、解決していくんでしょうが、汚職などの問題は素人の私には解決するのは永遠に無理なんじゃないかと思うほど、根深いものがあるようですね。

9300kmも飛翔したという事は、今回、ミサイルの弾頭は太平洋上に着弾したのでしょうか?
毎度お馴染みの白海(orバレンツ海)付近からカムチャツカ半島のクラ射爆場までのコースだと7000kmくらいの筈ですが。

Re: No title

>ビクター様

2012年には実戦配備したいといことのようですね。
今年中にあと4回発射試験をやるそうなので、残りは来年の夏に白海の氷が溶けてから実施するとすると、仰るように来年後半には配備できると思われます。

JB Pressの記事の件、ありがとうございます。
文化的な問題もあるので汚職を根絶することは難しいかと思いますが、問題は、軍備計画を妨げないレベルまでそれを減らせるかどうか、だと思っております。

Re: タイトルなし

高町なんとか様

仰るように太平洋上に落下したそうです。
Podvigによると(http://russianforces.org/blog/2011/08/bulava_full-range_test_is_a_su.shtml)、発射された弾頭は2個で、ひとつが8000km、もうひとつが9000kmの位置に落下したとのこと。
こうしてみると、これほど性能を発揮できたのは弾頭数を2個に抑えたおかげで、ブラワーの最大搭載量とされる6-10個の弾頭を搭載した場合は、やはり射程は8000km程度に落ち着くのでしょうか。

No title

こんばんはでありまする。秋めでありまする。
http://mil.news.sina.com.cn/2011-09-01/0849663805.html
どうやらロシアの一部のメディアでは先の8月27日の発射については実際には行われていないのではないか、8月27日の発射の写真はアメリカのトライデントの発射の写真の流用ではないか、などという声が上がっているとの事でありまする。

Re: No title

いらっしゃいまし。
ご無沙汰しております。
ブラワーの件についてはたしかに写真は間違いだったものの、さすがに試験そのものまでガセではなかろうと思います。
アメリカもレーダー等で見ているわけですし。

そもそも本当に何か偽装したいと思ったなら過去のブラワーの発射試験の映像でも流しておけばいいわけで、わざわざ突っ込みどころ満載な写真をリリースするとは思えません、というのが現時点での感想です。
広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。