スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ロシアの戦略核戦力に関する話題二題

ご無沙汰しておりました。
公私ともに忙しくなってしまい、すっかり更新が滞っておりました。
復帰第一段ということで、ロシアの戦略核関係のニュースをお届けします。

★2つ目のRS-24 ICBM連隊が年末までに発足
ロシア戦略ロケット軍のカラカエフ司令官は、新型のRS-24「ヤルス」ICBMを装備する2個目の連隊が年末までには発足するとの見通しを述べた。
RS-24はRS-12M2「トーポリ」Mをベースに開発された多弾頭型ICBMで、今年の8月に最初の連隊がテイコヴォ基地で完全編成(3個大隊=ミサイル9基)に達したばかり。
2個目の連隊といってもいきなり完全編成になるとは考えにくく、おそらくはコアとなる1個大隊(ミサイル3基)が発足するということだろう。
ちなみにこれまでRS-24の調達は年間3基ずつと非常に低いペースに留まってきたが、年末までにもう1個大隊編成できるとなると過去最速の生産ペースとなる。前述の8月に発足した1個大隊分と、年末までに発足した1個大隊分を合わせて、少なくとも年産6基程度のペースには達しているようだ(4月にももう1個大隊発足しているので、その一部は今年中に生産された可能性も考えると、生産ペースはもっと高まっているかもしれない)。

★新型重ICBMの発射試験に失敗
プレセツク宇宙基地から発射された新型重ICBMが打ち上げに失敗し、発射地点から数km離れたところに墜落した。
ところがこのミサイルが実にミステリアスで、正体がよくわからない。
筆者が最初に接した報道はtwitter上のインターファックスの速報で、ここでは「マケーエフ設計局製の液体燃料型重ICBM」となっていたのだが、同じ後からURLをクリックしてみると単に「重ICBM」となっている。
一方、後から出てきたより詳しい報道によると、このミサイルはRS-24やRS-12M2を開発したモスクワ熱力学研究所MIT)が開発した固体燃料型ミサイルで、RS-24をさらに発展させた移動式ミサイルであるという。
おそらくは「アヴァンガルド」という名前のみが知られていたミサイルと同じミサイルと思われる。上のリンク先の記事によると、対ミサイル防衛突破用の新型個別弾頭を搭載するほか、エンジンまたは固体燃料の改善によって投射重量の増大や飛行性能の向上を達成していると見られるという。
追記

ロシアの戦略核に詳しいパーヴェル・ポドヴィグ氏がロシア側の報道を詳しくフォローした結果、このミサイルはトーポリ/ヤルス系ではないまったくの新型ミサイルではないかという見解を披露しておられます。
私は単純にヤルスをさらにパワーアップしたタイプと思っていたのですが、もう少し経過を観察する必要があるようです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

移動式ICBMの量産は完全にヤルス一本に絞られたんでしょうか?
コゼリスクのSS-19の更新もアナウンスされてますが、サイロ式ヤルスが配備される可能性はあるのでしょうか?

No title

ロシアの声によると、9月29日に北方艦隊所属のデルタⅣ「トゥーラ」から新型SLBM「ライネル」の打ち上げ実験を実施し、ミサイルはバレンツ海域から発射され、カムチャッカ半島にあるクラ演習場に着弾して見事に成功したそうです。ブラワー共々、SLBMの発射実験は順調のようですね。

Re: No title

お返事が大変遅くなり、失礼しました。
お尋ねの件ですが、移動式トーポリMはもう生産していないそうですので、今のところヤルスだけということになると思います(今後は今回失敗した新型ICBM[アヴァンガルド?])が配備されてくるでしょう。
サイロ式RS-24についてはMITのソロモノフは否定的なようです。固体か液体か、いずれにせよもっと大型のICBMを配備するつもりでないでしょうか。

Re: No title

北方艦隊の667BDRMは順次ライネール装備になるようですね。
ブラワーもこのまま順調にいけば来年中には実戦配備できそうなので、とりあえず海洋核抑止力が消滅する事態だけは避けられたようですね。
広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。