★拙著『ロシア軍は生まれ変われるか』発売

東洋書店のユーラシア・ブックレットから私の本が出ました。
『ロシア軍は生まれ変われるか』(ユーラシア・ブックレットNo.166)という本です。

2008年からセルジュコフ国防省の主導下で大規模な軍改革が始まったことは、このブログや軍事研究の記事、学会論文等で幾度も書いてきました。
しかしいずれも1万5000~2万字という制約があり、いろいろと書き足りない想いがあったのですが、今回のブックレットはざっと5万字ちょっとの計算になるため、ロシア軍改革の全体像を自分なりにまとめることができたと思っています。
先日ご紹介した乾先生の『力の信奉者ロシア』には較ぶべくもありませんが、現在のロシアの安全保障を理解する上での参考としてご一読いただければ幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: