スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア空軍 2012年の航空機導入予定

11月25日に空軍のドリク報道官が発表したところによると、2012年のロシア空軍の装備調達は、航空機・ヘリコプターの新規調達・近代化改修合計で約90機になるという。
ドリク報道官の発言で触れられている機体は以下の通り。

MiG-31BM迎撃戦闘機(近代化改修)・・・約10機
Su-34戦闘爆撃機・・・10機
Su-25SM攻撃機(近代化改修)・・・約10機
Su-35S戦闘機・・・?
Mi-28N・Ka-52攻撃ヘリ・・・合計約20機
Mi-35M攻撃ヘリ・・・?
Mi-8系ヘリ・・・約30機
Mi-26超大型ヘリ・・・約5機

「約」の部分を無視して足し算すると、「85機+?」となる。
Su-35とMi-35Mは来年が初配備となるので、それぞれ2-3機程度のみ調達とすれば、合計で90機というつじつまは合う。
この発言で注目すべきは、まず、MiG-31BMへの近代化作業がようやくまとまった数で始まったことであろう。MiG-31BMはMiG-31の「ザスロン」レーダーを「ザスロンAM」仕様とし、探知距離の延伸や動作モードの追加、R-37長射程AAMの運用能力付加などを施したタイプであるが、価格問題で改修実施契約が結べていなかった。

Su-34については2010年が4機、2011年が6機であったので、調達数は増加傾向にあるようだ。ただ、2020年までに120機という目標(以前、ゼーリン空軍総司令官が口にしたもの)を達成するには、さらに調達ペースを挙げる必要があろう。

一方、疑問もある。
この調達予定の中には、Su-30M2戦闘爆撃機やYak-130高等練習機、「アンサート-U」練習ヘリなどが含まれていない。まさか調達しないことはないと思うのだが(特にYak-130とアンサート)。
また、セルジュコフ国防相が3月に述べたところでは、2011年の航空機調達は固定翼機35機、ヘリコプター109機とされていたが、これと比べても上掲の数字は少なすぎる(サドフィエフ空軍副司令官は固定翼機50機、ヘリコプター100機と述べていた)。特に2020年までにヘリコプター1000機という目標を本気で達成するつもりがあるなら、現状の調達ペースはまったく不足と言えよう。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 空軍
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。