スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ロシア空軍の長期契約まとめ

先日、ロシア空軍はイルクートとの間でSu-30SM戦闘爆撃機の長期契約を結んだとの関係者談話が報じられた。2015年までに30機が納入される予定であるという。

ところで昨年から始まった「2020年までの国家武器計画(GPV-2020)」では600機の航空機を購入する計画と伝えられるものの、その内訳が明らかでない。しかし、この種の長期契約に関する情報を積み重ねていけば、その大まかな内訳は推定できそうだ。
そこで、これまでに確定・ほぼ確定した長期契約を列挙してみる。

・Su-27SM3戦闘機×12機(2009-2011)
・Su-30SM戦闘爆撃機×30機(2012-2015)
・Su-30M2戦闘爆撃機×4機(+8機?)(2009-2011)
・Su-34戦闘爆撃機(1)×32機(2008-2013)
・Su-34戦闘爆撃機(2)×92機(2014-2020)
・Su-35S戦闘爆撃機×48機(2009-2015)
・MiG-29K艦上戦闘機×24機(2013-2015)
・Yak-130練習機×55機(2012-2015)
 合計・・・・・・・297機

一部、2009-2010年度のものも含まれているが、大部分は2011年以降(つまりGPV-2020の対象期間)の調達である。
Su-34の第二バッジを除くと大部分が2015年以前を納期としているので、去年から2015年までの5年間で大体200機程度の戦術機及び練習機が調達されると見てよいだろう。
すると、残る5年間でおよそ400機が調達されるという計算になる。このうち80機くらいはSu-34の第2バッジが占める筈だが、残りはどうなるだろうか。
おそらく、Su-30SM、Su-35S、Yak-130の第2バッジに加え、第5世代戦闘機PAK-FA/T-50の量産が(遅延しなければ)始まるだろう。現在の予定では、2020年までにT-50が60機程度調達されるとのことである(ロゴジン副首相の発言)。
また、12015年前後には新型輸送機Il-476やAn-70の配備も期待される。An-124の再生産も始まるだろう。輸送機という存在は地味ではあるが、機動性の向上に直結するため、GPV-2020の重点項目とされている。ロゴジン副首相によればIl-476シリーズ(空中給油型等含む)だけで2020年までに100機程度調達されるとのことなので、2010年代後半の調達は、輸送機がかなりの割合を占める可能性が高い。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 空軍
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。