スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★黒海艦隊増強計画について

10月27日、ヴィソツキー海軍総司令官は、2020年までに黒海艦隊に18隻の新型艦を配備するとの意向を示した。
現在、黒海艦隊には約40隻の艦艇が在籍しているが、老朽化が著しく、作戦可能状態にあるのは20隻のみであるという。

ヴィソツキー司令官によれば、配備されるのは、6隻のフリゲート、6隻のディーゼル・エレクトリック潜水艦、2隻の大型揚陸艦であるという(残る4隻が何であるかは明らかにされていない)。
フリゲートはインド向けのタルワー級をロシア海軍向けに改修した11356型、潜水艦は636型(いわゆるキロ級)。フリゲートは2013年以降毎年1-2隻ずつ配備する予定で、11月には1番艦が起工される。潜水艦の方はすでに1番艦が機構済み。揚陸艦については明言されていないが、おそらく建造中のイワン・グレン型ではないだろうか。
*黒海艦隊向けのフリゲートとイワン・グレン級揚陸艦については以前のエントリを参照

また、同記事中では匿名の談話として、同艦隊に所属する海軍航空隊のSu-24戦闘爆撃機が近代化改修を受けるほか、旧式化したBe-12対潜飛行艇が退役して代わりにIl-38が配備されるとしている(Il-38も近代化しないと相当に厳しいとは思うが)。

こうした増強計画はグルジア戦争後から持ち上がっていたものだが、ウクライナの政権交代によって黒海艦隊の駐留延長(2042年まで)が決まったことも大きな追い風になったと思われる。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 雑記
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。