★黒海艦隊増強計画について

10月27日、ヴィソツキー海軍総司令官は、2020年までに黒海艦隊に18隻の新型艦を配備するとの意向を示した。
現在、黒海艦隊には約40隻の艦艇が在籍しているが、老朽化が著しく、作戦可能状態にあるのは20隻のみであるという。

ヴィソツキー司令官によれば、配備されるのは、6隻のフリゲート、6隻のディーゼル・エレクトリック潜水艦、2隻の大型揚陸艦であるという(残る4隻が何であるかは明らかにされていない)。
フリゲートはインド向けのタルワー級をロシア海軍向けに改修した11356型、潜水艦は636型(いわゆるキロ級)。フリゲートは2013年以降毎年1-2隻ずつ配備する予定で、11月には1番艦が起工される。潜水艦の方はすでに1番艦が機構済み。揚陸艦については明言されていないが、おそらく建造中のイワン・グレン型ではないだろうか。
*黒海艦隊向けのフリゲートとイワン・グレン級揚陸艦については以前のエントリを参照

また、同記事中では匿名の談話として、同艦隊に所属する海軍航空隊のSu-24戦闘爆撃機が近代化改修を受けるほか、旧式化したBe-12対潜飛行艇が退役して代わりにIl-38が配備されるとしている(Il-38も近代化しないと相当に厳しいとは思うが)。

こうした増強計画はグルジア戦争後から持ち上がっていたものだが、ウクライナの政権交代によって黒海艦隊の駐留延長(2042年まで)が決まったことも大きな追い風になったと思われる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『イラストでまなぶ!軍事大国ロシア』(共著)

 2017/9/30発売。既刊「イラストでまなぶ!ロシア軍」の大幅増補改訂版。めまぐるしく変化するロシア軍の最新情報を各分野の有名ブロガーでまとめました。かわいいイラストもついてるよ(擬人化ペルソナ偵察衛星さんのかわいさは異常)。
★『大国の暴走』(共著)

 2017/7/25発売。米中露それぞれの視点から現在の世界情勢について話し合った鼎談企画です。ユーラシアの巨大国家である中露の論理、トランプの世界観など。
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: