★『ロシア新戦略』の書評が読売に載りました&三刷決定

私が翻訳に参加したドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(作品社)の書評が26日の読売新聞に載りました。
評者は京都大学の杉山正明先生です。
そのおかげもあってか、早々と三刷が決まりました。
出版当初は、ロシアネタのこんなにぶ厚い本が売れるのか・・・という懸念もありましたが、順調に売れているようで、訳者の一人として大変うれしく思っています。
今月の頭に著者のトレーニンに会って二刷りを報告した時も大変に喜んでくれたので、このニュースも喜んでもらえそうですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

広告
最近の書き物
★『プーチンの国家戦略』(単著)

 2016/10/26発売。幅広い読者の皆様向けに、安全保障政策を中心とした筆者なりの「ロシア論」を初めて展開してみました。プーチン大統領を取り巻く情報機関人脈、イスラム過激派、宇宙といった新トピックも盛り込んでいます。

★『軍事大国ロシア』(単著)

「軍事大国ロシア」を、軍事力、戦略、対外関係、軍需産業、社会など様々な側面から描き、その実態を浮かび上がらせようという試みた一冊。専門書の体裁なのでやや硬め。

★ドミトリー・トレーニン著『ロシア新戦略』(共訳)

カーネギー財団モスクワ・センター所長である著者がソ連崩壊後のユーラシア世界を描き出した労作。管理人も翻訳に参加しています。

★「イラストでまなぶ!ロシア連邦軍」(共著)
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: